関連コンテンツ

水道光熱費の地域差について(早期リタイア後の移住先選定)

早期リタイア後の移住候補先の生活コスト比較をよくやっています。地域特性が頭に入ってくるので、株式投資にも役に立つかもしれません。

水道光熱費の平均は月2万円。地域差年9万円!

・水道光熱費 世帯平均 月1万9558円(総務省「家計調査」平成27年)
・単身世帯では1万1667円
・電気代は上昇傾向
・一番安い月が10月の1万8191円。高い月が2月の3万1846円。涼しい秋と寒い冬とで1万円の開き
・最安は沖縄、最高は東北

こうして見ると傾向は明らかで、一番お金がかかるのは暖房費です。
暖房の必要性自体が薄い沖縄が結果的に水道光熱費の総額が安く、寒い東北が高くなっています。

寒さで言えば北海道が一番高くなりそうですが、灯油文化が浸透していてトータルでの光熱費が東北より安くなっています。住居自体も断熱対策が進んでいるので暖房費が安くあがるようになっているのではないでしょうか。とは言え誤差の範囲かもで、暖房費は灯油の相場次第かな?

電気料金を徹底比較!『日本で一番高い電力会社』はいったいどこ?電気料金ランキング

ちょっと古い記事ですが参考までに。電力プランによって変わってくるでしょうが…

高い順に北海道電力、沖縄電力、東京電力
安い順に北陸電力、中部電力、九州電力

北海道や沖縄の電気料金は高いというのはよく聞きます。それが常識になっていて、かえって節電意識が浸透して水道光熱費の総額が安くあがるような社会になってるのかもしれません。

沖縄や北海道の電気代が高いのは(沖縄は)原発が無いからとか競争意識が低いからという話は聞きますがちょっと眉唾ものです。原発が無く規模の小さい沖縄電力(9511)の株価チャートは他の電力会社とは違った動きをしています。研究してみると面白いでしょう。

いつも思うのですが、南の島というのは最低限生きていくための敷居が低いです。

南半球の南の島でヤシの実を採取して寝て暮らしたいですw

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

こんにちは〜!
あれ?さいもんさん??
冬は家の中でキャンプしてやり過ごせたのに、冷房の方は抵抗なしにオンしていませんでした?45歳ぐらいになったら、暑いの苦手だったと気付いちゃうパターンでしょうか?
ふふふ。
Re: こんにちは〜!
> あれ?さいもんさん??
> 冬は家の中でキャンプしてやり過ごせたのに、冷房の方は抵抗なしにオンしていませんでした?45歳ぐらいになったら、暑いの苦手だったと気付いちゃうパターンでしょうか?
> ふふふ。

日本の夏は蒸し暑いんですよ。南の島とはちょっと違います。
45歳って何だ、と思ったらポルトガルおじさんですか。イギリスの30℃ぐらいなら冷房なしでいけるでしょう。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント