関連コンテンツ

株主優待とかもらって喜んでるからいつまでたっても貧乏なんだよ?

色んな人を敵に回しそうな記事タイトルですが、今に始まった事でも無いので淡々と書いていきます。

株主優待を貰って喜んでる人がおカネ持ちになったケースはほぼありません。これは断言できます。

株主優待でおカネ持ちになった人はいます。どういうことかと言うと、株主優待を貰って喜ぶというより、株主優待まわりのシステムを利用して儲けている人たちです。


1 優待株の値動きを利用して儲けている人

 オーソドックスなやり方としては、優待權利日の数ヶ月前に株を買って權利日前に売るやり方があります。優待株の値動きは銘柄によって個々の特徴があり、研究が必要です。当然優待を貰って喜んでいる人ではありません。

2 優待株に関する報道で儲けている人

 これは説明不要だと思います。テレビ、雑誌、Webなど。1と併用するとさらに効率がいいですね。優待を貰う奴はバカ!と思ってるかもしれません。また株の売買自体ではあまり儲けられないため、損失補てんとして株主優待に特化している人もいます。桐谷さんとか。

他に金持ちというほどでは無いかもしれませんが、手数料や金利収入で儲ける証券会社の関係者や経済誌のマスコミ関係者なども優待株に関する報道で食っている人達です。

メディアに1年中株主優待の記事が載ってるのは、それが確実に需要があるからです。売れる記事を載せるのが仕事なので、これは仕方ありません。


優待を貰って喜んでいる人というのは、いわばこれらの人達の商売のカモになっている人なので、おカネ持ちになれる道理はありません。

どうしても優待を貰いたければ、ある程度おカネ持ちになって「から」趣味としてやればいいでしょう。そうでなければ株主優待で儲ける側にまわるか、もしくは最初から関わらない方がいいでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント