関連コンテンツ

「40歳以上で週25時間以上働くと認識能力に悪影響が出る」やはりセミリタイア最強か

40歳以上で週25時間以上働くと認識能力に悪影響が出る

40歳以上の人々の労働時間と認識能力について調査を行ったところ、1週間の労働時間が25時間を超えると認識能力に悪影響が出るということがわかりました。

(中略)

具体的には、1週間あたり25時間までであれば、業務時間の増加は認識能力に対していい影響を与えていましたが、25時間を超えると業務時間の増加は認識能力に悪影響を与えていました。

週25時間というと、土日が休みで週5日勤務だったとしても1日5時間。普通の仕事でこれを下回るというのはまず無理ですが、パートタイム勤務をしている人は、賃金面で問題がないのであれば、25時間を1つの基準とするのもアリかも。

40歳以上になったら、ちょっと楽な仕事に回るというのがベストなのかもしれません。



40歳以上はもうセミリタイアしていいんじゃないかな?と思わせる研究結果ですね。

8時間勤務を週3回とか、5時間勤務を週5回とかですが、40歳でこれはどこのユートピアだよっていう労働条件ですね。セミリタイアなら可能ですが…

25時間までは認識能力の向上が見られるので、完全リタイアでも週にこれぐらいは何か生産的な仕事をした方が良さそうですね。何もしないと廃人になりそうだし。

別にアルバイトとか雇われ仕事じゃなくても、ブログ書きとか何か学術的な研究とかでもいいと思いますよ。だらだらゲームやるとかテレビを見るとか受動的な単なる娯楽しかやってないと認識能力が低下してだんだんボケてきそう。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
自分の場合は資産がまだ足りないので少し働こうかと思ってますが、週に2日程度の仕事ならボケ防止にもちょうど良さそう。
最近うっかりすると働きたくなってきてしまいますね。
Re: No title
> 自分の場合は資産がまだ足りないので少し働こうかと思ってますが、週に2日程度の仕事ならボケ防止にもちょうど良さそう。
> 最近うっかりすると働きたくなってきてしまいますね。

週2日だと完全な無職より優雅なくらいですね。いいと思います。
無職を貫くのは大変ですよ。大抵の人がうっかり働いちゃうと思います。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント