関連コンテンツ

リクルートカードプラスのポイントの加算対象の一部改定は2016年9月16日より。ユーザーは注意。

平成28年度の国民健康保険税を納付してきました。

5割軽減で37600円。

国民年金保険料と違って全期を一括で納付しても割引等はありません。が、セブンイレブンでnanaco払い一括で納付してきました。

理由としては、リクルートカードプラスの電子マネーチャージによるポイント加算対象の改定の期限が迫っているからです。

【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について

このたび、リクルートカードプラスは、ポイントの加算対象を一部改定することとなりました。

ご案内
2016年9月16日(金)より、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージ分については、ポイント加算の対象外となります。

*加盟店からの売上データが、2016年9月16日(金)以降にJCBへ到着した場合、2016年9月15日(木)以前のご利用であってもポイント加算の対象外です。
*ポイント還元率2%、年会費2,000円(税別)は変更ございません。


クレジットカードによる電子マネーチャージでポイント還元率2%はココだけだったので、惜しい改定ですね。銀河クレカ改悪の歴史がまた1ページ…

なおリクルートカードプラスの新規募集はすでに停止しています。電子マネーチャージによるポイント還元が封じられたものの、依然としてポイント還元率2%は変更なく高還元率は生きているので生き残りの既存ユーザーは大事に使いましょう。

期限が迫っているので、各種の支払いを済ませたあと上限までチャージする事にします。5万円のチャージ枠とセンター預かり分の5万円までクレジット決済可能なので合計10万円、2000円分のポイントですね。

モバイルSuicaを使っている人ならそちらもチャージしますよね。

来年の国民年金保険料や国保の支払いで使えるので、1年間nanacoを使用しなかったとしても利率2%の定期預金みたいなもの(ポイントなので違いますが)と思えばそれほど悪くないかと思います。

今後の電子マネーチャージは還元率1.2%な無印リクルートカードの方を使っていくことになりそうです。

それにしてもアベノミクス以来クレカ業界は大盤振る舞いが続いていましたが、昨年あたりから改悪が続くようになりました。株価同様すでに天井をつけたかもしれません。クレカ改悪の冬の時代の入り口かもしれません。

過去の関連記事:年会費有料のクレジットカードを持つ理由。P-oneカードの思い出。

年会費有料のカードは改悪の危険性が少ないはず、という理由でリクルートカードプラスを作ったのですが、さすがに破格すぎるサービスはいつまでも続きません。2%還元自体は残ったので良しとしましょうか。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント