関連コンテンツ

全労連「25歳の単身者が生活するには時給1526円が必要」

「25歳の単身者が生活するには時給1526円が必要」――全労連のデータが話題、2016年度の最低賃金822円との差は倍近く

>厚生労働省の中央最低賃金審議会が7月28日、2016年度の最低賃金の改定額の目安を発表した。全都道府県で20円以上増額。全国平均では24円増で、2002年度以降、最高額の引き上げになるという。

最低賃金の引き上げが最高額、これは事実です。

>適用されれば、東京は時給907円から932円に、現在693円で最も低い沖縄や高知など4県の時給は714円になる。だが、この額でフルタイムで働いたとしても依然生活に余裕はなさそうだ。

いきなり論理が飛躍してますが、なんで最低賃金でフルタイムで恒久的に働くことが前提なんでしょう。


>全労連が6月に発表した「最低生計費試算調査」によると、25歳の単身者が1か月の生活に必要な額は額面で22万8853円(手取り18万4770円)。これを時給換算すると月に150時間働いた場合1526円になるという。

「最低賃金を抑えながら1億総活躍を推進するのは奴隷化に等しい」



いやいや、抑えてるかなあ?上がってますよね。ベースが低いから安く感じますけどあくまで最低賃金ですからね。

全労連は左派社会主義の来歴の団体ですから出してくるデータはその辺は割り引いて考える必要があります。


>自民党は7月10日に行われた参院選挙の公約の一つに、「労働生産性の向上を支援し、更なる賃上げにつなげるとともに、最低賃金について時給1000円(全国加重平均)を目指します」と掲げていた。今回の引上げではまだ遠く及ばず、1000円に引上げられたとしても最低限度の生活を送るのでやっとだ。今後の安倍内閣がどのように最賃引き上げに取り組んでいくか注視する必要がありそうだ。

公約の時給1000円を達成すれば十分大したものだと思いますので頑張って欲しいです。あくまで最低賃金ですからね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
登山お疲れさまです。そんな中でもきっちりブログ更新されてて頭が下がります。
ところで、私も三人にお給料払う身ですが、時間給です。一人だけは専門職なので記事の金額より高いですが、他の一人は¥1120、経験の浅い方には時給¥960それでも満足してるようです。申し訳ないとは思うけど本体が潰れたらどうもこうもないので中々、ほいほいと昇給できません。夏冬に賞与を払ってるので皆んな耐えれてるのかもしれません。それと姉妹で同居してたり実家暮らしだったり一人暮らしの方はいないですね。
Re: No title
> 登山お疲れさまです。そんな中でもきっちりブログ更新されてて頭が下がります。
> ところで、私も三人にお給料払う身ですが、時間給です。一人だけは専門職なので記事の金額より高いですが、他の一人は¥1120、経験の浅い方には時給¥960それでも満足してるようです。申し訳ないとは思うけど本体が潰れたらどうもこうもないので中々、ほいほいと昇給できません。夏冬に賞与を払ってるので皆んな耐えれてるのかもしれません。それと姉妹で同居してたり実家暮らしだったり一人暮らしの方はいないですね。

へえ、3人も雇ってるんですか。実業家ですね。
専門性の無い仕事の時間給が安くなるのは自然だと思いますが、その専門家もだんだん必要の無い世の中になっていってます。弁護士とか税理士でも仕事にあぶれるんですから。そうすると最低賃金ってなんなんだろうって思うんですよね。
No title
このデフレのなかで最低賃金を1円でもあげるだけでもすごいと思います。
とりあえず叩く材料を探すだけのなんでも批判の左翼は本当にあきれます。
Re: No title
> このデフレのなかで最低賃金を1円でもあげるだけでもすごいと思います。
> とりあえず叩く材料を探すだけのなんでも批判の左翼は本当にあきれます。

とりあえず過去最高に上がってるんだから評価はしないと不公平ですよね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント