関連コンテンツ

【素朴な】ベーシックインカムの意味がよくわかりません【疑問】

ベーシックインカムの意義を考えてみてもちょっと意味がわかりません。

ベーシックインカムの利点って全員におカネをあげる事によって複雑で膨大な社会保障の仕組みを簡略化できる事だと思うんですけど、結局そのおカネはどこから降ってくるのか、財源の事を考えると非現実的にもほどがあって議論の対象にもなりませんよね。

例えば国民全員に一律に毎月20万円を支給すると毎年300兆円からのおカネが必要になるわけであり得ない。

10万円にしても150兆円。5万円にしても70兆円ぐらいで、このぐらいまで下げれば何とか国家予算の範囲内に入ってきますが、ほとんど全ての国家サービスを停止して国民に5万円ずつお小遣いを配ってもなんの意味もありませんよね。

結局問題になるのは人口規模と財源の有無で、よほどの小国でたまたま無尽蔵の地下資源が沸いて出たので国民全員を養います、といったパターン以外では実現の可能性を考えるだけ馬鹿馬鹿しい訳ですよ。

ベーシックインカムは思考実験的には面白いのですが、実現性を考えるとあまり深く考える気がしません。

生存権に絡んで生活保護と最低賃金と年金の問題がこれからも日本の問題になっていくんでしょうけど、今までどおり生活保護の申請は窓口でなるべく追い返す、最低賃金は上げ渋る、年金は支給額の減額と支給開始年齢の引き上げで延命する、といった対応が続くでしょう。

これをけしからん、と言う人は多いですが、仕方が無いでしょう。

無い袖は振れないのです。

文句を言う人には、まず財源は?と聞いてみればよろしいです。大抵は自分以外の懐を当てにしている人でしょうから、まともな答えは返ってこないでしょう。

もちろんいつまでもこんな事を続けるのもどうかと思いますが、少なくともベーシックインカムのような空想的な奇策でいっぺんに解決しようとするのは無理でしょう。

関連記事:人工知能で働く必要は無くなる。あれ?人間の食い扶持はどうしよう…?

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント