関連コンテンツ

人工知能で働く必要は無くなる。あれ?人間の食い扶持はどうしよう…?

人工知能に仕事を奪われる人々を、 ベーシックインカムで救おうという議論の現実味

>人工知能(AI)の発達は、わが国経済・社会にどのような影響を及ぼすのか。
> アルファ碁に象徴されるディープラーニングの進化の状況を見る限り、AIが経済社会のあらゆる分野に活用されれば、飛躍的な生産性の向上をもたらす可能性は高い。その一方で、これをうまく使いこなす人とこれに伴い職を失う人との間に、かつてデジタルディバイドと呼ばれていた大きな格差が、大々的に発生するだろう。
> すでに野村総研から、「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」というセンセーショナルな予測も公表されている。

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に(野村総研)

付加価値の無い仕事しかできない人は雇用を奪われるという事は人工知能が話題になる以前から言われています。政府はこのような単純労働者のために所謂穴を掘って埋めるような公共事業を実施することで雇用を作り出してきましたが、限界はあります。必ずしもそれが悪い事だとは思いませんけどね。

歴史的に見ると、「いや、俺は高度な付加価値のある仕事をしている」という人でも社会が高度化するにつれて時代遅れになった仕事は失われてきた現実があります。

人間の仕事が無くなると雇用もなくなり消費する主体が無くなる(ロボットは消費しない)ので、ベーシックインカムでお金をばら撒いて消費してもらおうという議論もあります。

大きな問題点は2つ。


1 労働倫理の問題

働きもせずにただ消費するだけの存在があっていいのか?という倫理的な問題。早期リタイア業界では割と馴染みのある議論です。

2 財源の問題

最大の問題。国民全員に月10万円を支給するとそれだけでざっと150兆円は必要。ベーシックインカム制度により浮く社会保障費は微々たるものなので、大規模な増税か大規模な国家構造の大改造のどちらか、あるいはその両方が必要。


1番はあまり興味が無いので、やはり問題は2番だと思いますが、小さな政府を志向して軍備を全廃してなるべく道路も作らず役所の規模も10分の1ぐらいにして可能なかぎり民間で勝手にやるようにする(高度なサービスを受けたければ大金を払えばいい)、福祉なんて一切やらない、人工知能によって生まれた付加価値のある産業に高額の税金を掛ける、ぐらいやればなんとか可能ですかね…?

ユートピア(理想郷)どころかディストピアそのものだと思いますが、現実味がまったくないのでこのような社会になる心配は無いでしょう。

やっぱり地下資源が無尽蔵に湧いてくるしかないかな。ロシアの大地に日本人が住んでいれば今頃は地下資源の大開発で国民総ニート状態になってたんじゃないか?と妄想したりします。

関連記事:【素朴な】ベーシックインカムの意味がよくわかりません【疑問】

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

お久しぶりです。毎日 見てますよ。俺的には AI Iot そういう技術ってのは 少子化 高齢化対策 だと 思ってますけどね。俺の中の将来の日本は かなりのハイテク国家でカッコ良いンすけど。田舎に住んでて じいさまばあさまの運転みてると どう考えても自動運転の方が安全なような気がするもの。機械は アクセルとブレーキ間違えないから コンビニとかで 自動ドアとかぶっ壊さないだろうし、90歳位で緑内障で目もロクに見えないのに いつまでも昔の感覚で 住宅街を100キロ位で走らないだろうし。


最終的には 北海道 本州 四国 九州 飛んで合体を希望します。
Re: タイトルなし
> お久しぶりです。毎日 見てますよ。俺的には AI Iot そういう技術ってのは 少子化 高齢化対策 だと 思ってますけどね。俺の中の将来の日本は かなりのハイテク国家でカッコ良いンすけど。田舎に住んでて じいさまばあさまの運転みてると どう考えても自動運転の方が安全なような気がするもの。機械は アクセルとブレーキ間違えないから コンビニとかで 自動ドアとかぶっ壊さないだろうし、90歳位で緑内障で目もロクに見えないのに いつまでも昔の感覚で 住宅街を100キロ位で走らないだろうし。
>
>
> 最終的には 北海道 本州 四国 九州 飛んで合体を希望します。

自動運転ですか?職業運転手と自動車教習所の職員が失業しますかね?あとトヨタやホンダがGoogleの傘下に。
自分が知ってる面白い所では・・・
みなし人頭税なんてのがありましたねぇ・・・
AI(産業用ロボットも含む?)に税金を掛けるという考え方です。
AI(ロボット?機械?)に仕事させて金を稼いだらそれは人間が金を稼いだと同じとみなして税金を払わせる・・という言うものです。
まぁ実際には企業が払う事になりますので実現性は?ですが考え方は面白いですw
Re: 自分が知ってる面白い所では・・・
> みなし人頭税なんてのがありましたねぇ・・・
> AI(産業用ロボットも含む?)に税金を掛けるという考え方です。
> AI(ロボット?機械?)に仕事させて金を稼いだらそれは人間が金を稼いだと同じとみなして税金を払わせる・・という言うものです。
> まぁ実際には企業が払う事になりますので実現性は?ですが考え方は面白いですw

発想としては一部の優秀な人とロボットに大多数の大衆が養ってもらう構図になります。優秀な人とロボットがやってらんねーと思うようなら破綻しますが…

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント