関連コンテンツ

ブラック企業の株は買わない

私は投資家として投資判断はドライでありたいと思っていました。
実際、投資は合理的、打算的で、人間味のないものが成功しやすいのです。

ただし、反社会的行為で儲けている会社、「合理化のみ」で儲けている会社はダメだと思います。
こういう会社は一時的には凄く儲かるのですが、長期的な目で見ると衰退していくはずです。
サラ金、商品先物取引、某絵売り会社など。
合理化が行き過ぎてブラック企業化した会社群。

逆に「ホワイト企業」は買いかというと、これは一概には言えません。
日本では従業員に手厚くて株主の方を向いてない企業もあり、そういう企業の方が一般受けはいいのです。
業績が上がり、従業員にも株主にも報いる本物の「ホワイト企業」が成立するには何かユニークな特徴が必要です。
そういう株を買いたいです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク