関連コンテンツ

お笑いNISA制度のテコ入れ案が飛び出した件 続き

前の記事:お笑いNISA制度のテコ入れ案が飛び出した件

NISAの改善については、やるべき事はまず制度の恒久化が第一という意見が圧倒的に多いです。現在の所はNISA制度自体が10年間の時限措置ですからね。他にはあわせて非課税枠の拡大、損益通算できるようにする、などの意見が多いですね。

しかしどうも政治的財政的理由で、早期の制度の恒久化と非課税枠の拡大、特に制度の恒久化は難しいようです。

そうすると、現実的な実現性を考えると複雑なパズルを解くようなよく出来た改革案じゃないかと思いますね。いかにも官僚的というか…

日銀の部分的マイナス金利の仕組みなんかは一般国民の大半はまだ理解できていないと思いますが、本当によく出来てるんですよ。ちゃんと機能するか、機能してるかは別としてよく考えたなと感心します。この案も機能するかは別として、なるほどなと思う点はあります。


2  20年の投資期間は絶妙

制度の恒久化が当面難しいとすると、20年の期間設定は絶妙だと思います。20代から40代の若い層が投資するとすると、これ以上の期間例えば30年40年だともう老後に入ってきます。老後の事はDC(確定拠出年金)でやってくれって事じゃないかと。そっちですでに優遇措置がある訳だし。

当初伝わっていた改革案では2年以上の非課税期間の延長という事でしたが、「2~5年ぐらい延長してもたいして変わらん…」と思っていた所へずばっと20年。ちょっと驚きました。

また20年は長期投資としても十分な期間です。5年だと長期投資としては十分な期間とは言えませんが、20年なら十分でしょう…というか20年でも結果を出せないかもしれない長期投資ってなんなの?それちゃんとした投資なの?という気がします。

という訳で、

前記事の1の理由から、年60万円は金額的に妥当。そもそも120万円の枠を使い切っている人がほとんどいない事から、減額には問題が無い。根拠なく無軌道に非課税枠や非課税期間を拡大する訳ではないから財務省の顔も立つし飲みやすい案。

2の理由から、20年は財務省が飲める上限いっぱいの期間で必要十分な期間だと思います。財務省としても制度の恒久化を認めてしまったら、今度は世論が非課税枠の拡大を求めてくるのは分かりきってるので線引きをしてやれば飲みやすいと思います…


いかにも官僚的でパズルを解くような発想ですが、各方面の利害を調整しやすいよく出来た案です。

その結果、まーた無駄に複雑化して一般人には使い物にならない案になりそうなんですけど…

まだ一部のメディアが報道してるだけの案なので、世間の反応を見る観測気球でしょうから、たぶんマネー誌とかに一斉に叩かれてまだまだ路線変更はあるかもしれません。迷走してます。

私としては、NISAなんぞとっとと廃止して株の優遇税制を復活してくれと思ってます。そのそもNISA制度自体が経済低迷期に始めてやめるにやめられなかった株の優遇税制をやめるために持ち出してきた案です。最初の制度設計からして骨抜きで使い物にならないようになってるのはそのためです。

株の優遇税制?金持ち優遇?ああそうですよ、株価対策ですよ、という事で開き直ったら絶対に通らないと思いますが…w

NISA ジュニアNISA 資産運用術 (日経ムック)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク