関連コンテンツ

早期リタイア目線ならサラリーマンでも確定申告すべき。年間30万円違ってくる?

サラリーマンでも確定申告した方がいいのは実際の節税効果はもとより、その方が税金の知識がつくからです。

最近はふるさと納税とかあるのでサラリーマンでも確定申告する人が増えています。これ以外のケースで一般にサラリーマンが確定申告するケースは住宅ローンくらいですかね?

これで年間30万円以上違ってくる!「取り戻せる」税金「大損しない」働き方ちょっと間違えたら、せっかく働いても大損します

サラリーマンでも確定申告する事によって使える控除があります。サラリーマンなので正直限られているのですが、そこで一気に興味を失う人が多いのがダメなんでしょう。

確かに30万円違ってくる人がどれだけいるのかは疑問です。

サラリーマンと自営業の2足のワラジを履ければ一気に節税手段も増えるんですけどね。

今年の10月からサラリーマンの配偶者の「130万円の壁」が「106万円の壁」に引き下げられるなど重要な変更もあるので該当しそうな人は要チェックです。

記事本文にもあるのですが、マイナーな「195万円の壁」もあります。

「それは、私が『195万円の壁』と呼んでいるものです。所得から各種の控除額を引いた残りの金額が、所得税の基準となる『課税所得』ですが、これが195万円以下なら所得税の税率が5%になり、195万円より大きい場合の10%と比べ、税率が半分になるのです」



早期リタイア後は収入はあっても微妙な額が多いでしょうから、これも憶えておいた方がいいでしょうね。

配当金生活的には、この「195万円の壁」は意識しています。

というのも、配当金収入を特定口座の源泉分離課税ではなく総合課税で確定申告する事により、配当控除と所得税半減の効果でお得になる可能性があるからです。

可能性がある、というのは人によって使える控除が違う、総合課税で申告する事により国民健康保険料の支払いが増えるからです。

配偶者や扶養家族の有無、住んでいる地域によって計算が全然違ってくるので話がややこしいです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント