関連コンテンツ

山崎元「NHKは『国営放送』となり、国家予算で運営されるべき」

【経済快説】NHK受信料「3つの不公平」 「国営放送」となり、国家予算で運営されるべきだ

>NHKの受信料は、テレビを所有していると(特別な改造でも施さない限り)支払い義務がある、半ば税金に近い制度だが、そう考えると、3つの「不公平」がある。

山崎元さんの記事の趣旨にケチをつける訳ではないのですが、いきなり最初からいい加減に書き方だなと思いました。裁判になってるデリケートな問題なのだから、なるべく正確を期してほしいと思います。

まず、テレビを所有してるだけでは受信料の支払い義務は無いです。テレビ(受信機)を設置して、NHKを受信可能な状態にして初めて受信契約の「契約の義務」が生じます。

また、「特別な改造」を施しても今のところ契約義務を免れた例はありません。
参考:イラネッチケーの裁判の項

それはそうと、3つの「不公平」について。

1 視聴時間に関わらず同一の料金が適用されるのは不公平
2 所得や資産の水準に関わらず、定額の受信料が課されることも、負担能力の差に対して不公平
3 受信料不払いの視聴者がかなりの数存在して、これが有効かつ公平に解消しないことの不公平

NHK受信料契約の何が問題か考えていくと、結局は運営の透明性と公平性の欠如の問題に突き当たります。

「税金」により運営される「国営放送」になれば、すくなくとも透明性と公平性を追求すべき組織にはなります。

またNHKの実態として現在でもNHKの運営にはすでに受信料だけでなく税金も投入されていますし(海外放送など)、現在でもトップも予算も国会で決まる「半国営放送」です。

これを名実ともに完全な「国営放送」にしてしまえば、少なくとも国営と民営のいいとこどり(NHKの既得権益)をしたがるNHKの体質を健全化できるでしょう。また国営放送という事になると今の規模は必要ありませんので、税金の形を取る受信料は大幅に引き下げる事が可能です。また税金なので税法に基づいて公平に徴収する事を目指せます。

ちなみにNHKの「税源を税金にすることはできないのか?」という質問に関する公式見解は以下の通りです。
財源を税金にすることはできないのか(よくある質問集)

いろいろと意見はあるでしょうが、現在の不公平な状況を踏まえて、皆さんはNHKの言い分をどう思いますか?


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

「テレビは見たいがNHKに金は払いたくない」
NHKは好きでよく観てますが受信料は払っていません。
なのでNHK職員の待遇がよすぎるとか思っても批判する立場ではないです。

またさいもんさんのテーマとずれたコメントでしたらごめんなさい。
難しいことよくわからないのです。
Re: 「テレビは見たいがNHKに金は払いたくない」
> NHKは好きでよく観てますが受信料は払っていません。
> なのでNHK職員の待遇がよすぎるとか思っても批判する立場ではないです。
>
> またさいもんさんのテーマとずれたコメントでしたらごめんなさい。
> 難しいことよくわからないのです。

それは放送法に違反するので契約を結んで受信料を払うべきでしょうね。
No title
国営かスクランブルでいいと思います。
Re: No title
> 国営かスクランブルでいいと思います。

国営でもスクランブルでも民営化でも何でもいいですが、とにかく平等性と透明性を確保して欲しいです。
No title
国営化すると現在の高給体制も組織の肥大化もやめざるを得ないので、NHKとしてはそこだけは抵抗するでしょうね。
よくある質問集のNHK回答も、本音を隠して逃げてるなあと言う風にしか見えないですね。
Re: No title
> 国営化すると現在の高給体制も組織の肥大化もやめざるを得ないので、NHKとしてはそこだけは抵抗するでしょうね。
> よくある質問集のNHK回答も、本音を隠して逃げてるなあと言う風にしか見えないですね。

NHKの既得権益を守るために効率が悪くて不公平な集金を続けているとしたら、立派な事を言いながら社会正義がどこにも無いですね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク