関連コンテンツ

配当金とは?

配当金生活のブログなのに最近株の記事や配当金の記事を全然上げていません。これじゃいけないと思って初心に戻って配当金の記事を書きます。

ではまず、そもそも配当金って何だっけ?という事から(そこから?)確認していきます。

配当(Wikipedia)

会社における配当

配当とは、社員(株主)が利益配当請求権(剰余金配当請求権、105条1項1号、621条1項)に基づいて受け取ることができる利益の分配のことである。


「利益配当請求権」というものが重要なようです。ところで、いつの頃からか「配当金」でググるとこのブログが1ページ目に表示されるようになっていて、ニヤリとすると共にあまりいい加減な事は書けないなと思っています。

では「利益配当請求権」とは何かというと、

利益配当請求権(りえきはいとうせいきゅうけん)とは、株式会社の株主が持つ権利の一つであり、企業の利益の分配である配当を受け取ることができる権利である。
日本においては、会社法105条1項1号に規定がある(「剰余金の配当を受ける権利」)。


株主には企業の利益の分配を受け取る権利、配当を受け取る権利がある訳です。

企業が必ず配当を出さなければならないわけではなく、利益が無い場合や、あっても内部留保を厚くしたいとの経営判断により、無配になることもある(会社法461条などを参照)。配当の有無や金額は一定の要件を充たす場合(459条など)を除き、株主総会の決議によって決定される(452条)。


企業は必ず配当を出さなければならないわけではありません。無配になる事もありますし、配当を減らす事もできます。

利益が上がっても配当を上げない事もできますし、逆に利益が無いのに配当を出す事もできます。けっこうフリーダムです。

フリーダムなので、絶対に減配や無配にならない株というものはありません。しかし減配や無配になりやすい、なるべくしてなりやすい株というものはあります。

まずここから考えていくのが配当金生活の第一歩です。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント