関連コンテンツ

配当金生活そのものは効率的な資産形成には向いていない

前記事で配当金と値上がり益の両取りは狙ってはいけないと書きました。

これはインデックス投資のようなパッシブ運用の考え方とは相容れません。通常運用パフォーマンスは配当金と値上がり益を合算して考えるものだからです。

インデックス投資の考え方が投資コストを押さえ投資効率を重視するのに対して、配当金生活の考え方は非常に非効率です。

企業の毎年の利益の中から高率の配当金を出して、そこから税金を取られる訳ですから、これは当然です。基本的に配当金は生活費に回すので再投資もしませんが、再投資するとしたらこれも非効率な話です。

そのため資産形成の為に配当金生活的な運用をするとしたら、この非効率さを補ってあまりあるだけの運用の技術と運が必要です。

そんな腕と運があるなら、配当金生活などやらずにもっと攻撃的な運用をして指標を遥かに上回る成果を上げる事を目指した方が良さそうです。

理論的には配当金生活は効率的な資産形成には向いていません。投資効率があまり重視されない、既にある程度資産形成が終わった人向けのスタイルです。

配当金生活の良い所は運用の技術や相場の良し悪しに関わらず毎年毎年の配当金収入がある事です。

非効率である事が悪い事ばかりではありません。投資効率だけを考えれば無配当で成長を続ける株に投資するのがベストですが、無配のまま上場廃止になったかつてのライブドアの例もあります。

基本的に持ち株を売らない配当金生活では、配当を受け取る事によって毎年毎年確実に株主としての利益を確定しているようなものですから、非効率ではあっても堅実とも言えます。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

なるほど。いろんな手法 戦術 戦法・・知っていて損は無いもんなぁ。
勉強になります。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク