関連コンテンツ

ソフトバンク(9984)が年利3%の個人向け社債を発行へ(ただし償還期限25年の仕組債)

ソフトバンク、個人向け社債4千億円発行へ 年利3%

>ソフトバンクグループは9日、個人向けに4千億円、機関投資家向けに710億円の社債を発行すると発表した。同社は240億ポンド(約3兆3千億円)を投じて英半導体大手アームホールディングスを買収しており、社債の発行で財務体質を改善する狙いだ。

> 個人向けは金利が年3%で、償還期限は25年。10年以内が主流の個人向けとしては異例の長さという。申し込みは12日から。


ソフトバンク(9984)が異例の長期の個人向け社債発行です。解説は例によって例の如く相互リンク先のキャンペーン屋さんに丸投げです。

ソフトバンクグループ株式会社第3回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)が9月12日より募集開始【25年債】

社債で3%という数字だけ見れば魅力的ですが、仕組債であり利払繰延条項・期限前償還条項という投資家にとって非常に不利なオプションが付いています。オプション価値の査定によりますが魅力的とは言いがたいです。

5年後の金利が今より低下している(期限前償還狙い)、あるいは今後25年も今のレベルの低金利が継続していると思えば買える?

その場合もさらにソフトバンクの経営が傾かず無事に存続している事が条件です。

ソフトバンク信者なら買えるか……?

だったらソフトバンク(9984)の株を買った方がマシな気がします。9984の配当利回りは1%にも満たないですが、25年も先にはソフトバンクは孫さんの野望的にはトヨタを抜いて日本一、世界有数の時価総額になっている予定です。信者なら株を買っているでしょう。

今までソフトバンクの個人向け社債を買った人は大抵いい結果に終わってます。大方の常識的、教科書的経済学の予想に反して年々金利が低下している上に、ソフトバンクは有利子負債を増やし続けながらも無事に存続を続けているからです。

しかしこの条件だとさすがに頭のいい投資とは言えません。結果的には旨いことに終わるかもしれませんが……債券投資の利点は利払が確定する事による安心感にありますから、どうせ変なドキドキを味わうぐらいなら株式投資で味わった方が割に合うでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
さいもんさん、ちょっとある記事をリンクさせて欲しいんですが・・・
どうでしょうか?
Re: No title
> さいもんさん、ちょっとある記事をリンクさせて欲しいんですが・・・
> どうでしょうか?

何の記事か知りませんが許可はいりませんよ。どうぞ。
No title
ありがとうございます
上のコメントともに削除していただいても結構です
明日の記事を見て削除して欲しい場合は言ってください
Re: No title
> ありがとうございます
> 上のコメントともに削除していただいても結構です
> 明日の記事を見て削除して欲しい場合は言ってください

ありがとうございます。でも、勝手にリンクしてもらって誰が何を書いたって別にいいんですよ。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント