関連コンテンツ

金融リテラシーが最も高い県は奈良県、最も低い県は……

「金融リテラシー調査」(PDF)
金融広報中央委員会「金融リテラシー調査」(2016年)

>金融リテラシー調査は、18歳以上の個人の金融リテラシー(お金の知識・判断力)の現状把握を目的とする、わが国初の大規模調査です。

これ面白いですよ。眺めてると一日ヒマを潰せそうだしブログ記事がいくらでも書けそうです。

「金融広報中央委員会」は日銀に事務局を置く組織で、そこの大規模調査なのでその辺の適当なネットアンケートとは違います。今後の政策に生かされるデータでしょう。

(調査方法)
・ わが国の人口構成とほぼ同一の割合で収集した18~79歳の25,000人を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施した。
・因みに、前回の「金融力調査」では、全国 500 地点から 18 歳以上のサンプルを抽出し、聴き取り、郵送等の方法で回答を得る方法で実施した。調査サンプル数は 3,531 人であった。


(設問の特徴)
・設問は、「金融リテラシー・マップ」の8分野について、「金融知識・判断力」に関する正誤問題と「行動特性・考え方等」に関する問題とを組み合わせてある。
また、約半数の設問については、米国 FINRA(金融業界監督機構)や OECD など海外機関による同種調査と比較できるよう同趣旨の内容とした。



都道府県の正答率

上位1 奈良県 60.5
上位2 香川県 59.4
上位3 京都府 58.2
上位4 岡山県 58.0
上位5 鹿児島 57.9

下位1 山梨県 48.7
下位2 沖縄県 51.3
下位3 山形県 51.6
下位4 青森県 51.7
下位5 鳥取県 52.5 長崎県 52.5


どうでしょうか。テレビの怪しい県民性番組と違って、こうやって数字で出てくるとグウの音も出ませんね。

興味深いのは上位の県は自己評価が客観的評価より低く、下位の県は自己評価が客観的評価より高い傾向がある事です。

ベストの奈良県とワーストの山梨県の県民の意見が聞きたいです。ちょっと意外性がありました。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
といってもトップの奈良と最下位の山梨でも12%くらいしか違わないんですね。
逆に日本ってやっぱり教育が平均的に行き届いているんだなあって思いました。
Re: No title
> といってもトップの奈良と最下位の山梨でも12%くらいしか違わないんですね。
> 逆に日本ってやっぱり教育が平均的に行き届いているんだなあって思いました。

でも同じ設問で欧米との比較もあって、日本の方が10%ぐらい低いんですよ。平均的に低いとも言えますね。
あと設問別で見るとかなり県民性が出ていて面白いですよ。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント