関連コンテンツ

景気循環株は「PERが高い時に買って低い時に売る」

こうすれば上手く行く、というより株式投資にはそういう見方もある、という例です。

PER(株価収益率)というのは株式投資の指標の中でも一番有名なので誰でも知っています。

単純な指標ですがそれだけに奥が深いんですよね。

中にはPERなんてアテにならない、と言う人も居ますが、こういう人はせいぜい中級者レベルで「第2段階のカモ」でしょう。もう一皮むける必要があります。

もっとも、何周も回ってその結論に達した上級者の可能性もあるのですが……

初心者の理解ではPERが低い割安な時に買って、PERが高くなった時に売れば上手くいくという認識だと思います。

基本的にそれで間違ってはいないのですが、問題はPERを算出する為に必要な来期予想の1株利益、将来の利益というものがどのくらい確かなものかという事です。

未来の収益を予想して予想PERを算出するので、確かにPERというのは当てにならない指標です。

景気循環株の場合は、好景気の終わりごろにPERが低下します。これは将来の景気後退を予想したプロがいち早く売りに回るからです。

プロは人より早く売りたがるので、ちょっと雲行きが怪しくなってくると早め早めに株価に将来の収益悪化が織り込まれるようになります。循環株の場合、四季報に「最高益」の文字が頻繁に踊るようになると、買いどきでは無く売りどきでしょう。

実際その時には既に株価は下がり始めているケースが多いはずです。

株価とPERの低下を見て割安と判断した素人が買い始めた後に、大抵状況は一気に悪化します。景気の悪化で株価がさらに下がり、その下がった株価を見てさらに素人が買いに来るのでどんどん上値が重くなり一方的な展開になります。

景気のドン底では企業の一株利益はこれ以上ない程小さくなっているので、株価が低くてもPERは高めに出ます。このあたりからやっと景気循環株の買い時がやってきます。

景気循環株は「PERが高い時に買って低い時に売る」というのはこういう事です。

もちろん、これはPERの見方は色々あるという例のひとつであって、こうすれば上手く行くという話ではありません。人より先回りし過ぎて失敗する事もありますし、PERは奥が深いのです。

この辺の話はピーター・リンチの本によく出て来ます。

ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント