関連コンテンツ

早期リタイア後の人生は大量生産の既製品ではなくハンドメイドのオリジナル品

早期リタイア後の人生には決まったレールどころかルールすらないので、全てを自分で考えて決定しなければなりません。

自分で規範を作ってそれを守るようにしてもいいし、ルール自体を設けないのも自由です。

サラリーマンを定年まで勤め上げて引退後は余生を過ごすという人生は大量の先人がいるのでイメージがつきやすいです。リタイア後の生活について書かれた本も大量にあります。

これらの定年リタイアのノウハウをアレンジして早期リタイアに応用しようとするのはあまりお勧めできません。全然別物だと思います。50代ぐらいの早期リタイアならそれでもいいかもしれませんが……

早期リタイア後は何をやってもいいので、規格というものはありません。早期リタイア後の人生は大量生産の既製品では無くハンドメイドの完全オリジナル品だと言っていいでしょう。

多少いびつで不恰好でもそれに価値を認める人が自分一人でも居ればそれでいいのです。一人じゃ寂しいという人はふたりとか3人とかでもいいですが、それも価値観の問題です。

いびつさを笑う人があれば物の価値の分からん奴だと思っていればいいでしょう。


ひとつ言えるのは、現役時代の価値観をそのままに早期リタイアするのは苦しいと言う事でしょう。単なるサラリーマン人生からの脱落、敗北としか考えられないからです。

サラリーマンの価値観や常識はサラリーマン世界でこそ有用で必要なものであって、早期リタイア後は役に立たないどころか自分を苦しめるかもしれません。

オリジナルの価値観を持つという事自体が孤独な事ですから、これが嫌な人はサラリーマンは辞めない方がいいでしょう。単に仕事が嫌なだけなら転職とか配置転換とか、あるいは休職するとか。

仕事が嫌で退職するにしても、完全に退路を断つよりは再就職の道は残した方がいいでしょう。その方が孤独な価値観を確立するよりは楽です。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
毎日がお気楽で楽しい反面、自由過ぎて自分を律する大変さを感じます。例えば昼から酒を飲む機会が増えていて、これがエスカレートしたらマズいなとか。

つくづく人間って奴はレールを敷いてもらったり、ルールを決めてもらうことを楽だと感じる生き物なんだなと思っています。
Re: No title
> 毎日がお気楽で楽しい反面、自由過ぎて自分を律する大変さを感じます。例えば昼から酒を飲む機会が増えていて、これがエスカレートしたらマズいなとか。
>
> つくづく人間って奴はレールを敷いてもらったり、ルールを決めてもらうことを楽だと感じる生き物なんだなと思っています。

プライアさんも価値観がちょっと変わってると思います。普通より就職が遅かったからかな。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント