過去記事:趣味で株をやってる時点で負け

この記事では言葉が足りないために意味を取り違える人もいるようです。もう少し言葉を足してみましょう。それでも上手く伝わるかは分からないのですが。

例えばカジノのルーレットで勝つために確率論やルーレットの構造について研究する人がいたとします。

つまり数学オタクやルーレットオタクになる訳ですが、この人は多分ルーレットで生活できるようにはならないでしょう。

オタクは対象物の研究に熱中するあまり、周りが見えなくなります。

この例でいくと、ルーレットで生活するためには、ルーレットを攻略する前にカジノそのものの攻略法を考えなくてはいけないのです。

カジノの控除率は数%はあるので、長くやってると確実にマイナスが積もっていきます。

ルーレットを攻略する事でこのマイナスを埋めてあまりあるプラスを叩き出さなければなりませんが、そのような攻略方が存在する事がカジノ側にバレてしまうとカジノ側に対策を打たれてしまいいずれ通用しなくなります。

ルーレットについて研究するよりカジノについて研究する方が優先度が高いと言えます。

ルーレットで生活するためにはルーレットに勝てる事はもちろんですが、カジノの収益構造を良く理解して、カジノそのものを攻略しなければならないのです。逆に言えばカジノそのものを攻略できるなら実はルーレットそのものは大して強くなくてもいいかもしれません。


株式投資の攻略法にもこれに似た所があります。

株式投資はプラスサムじゃないか、という反論もありますが、この場合はそれは成り立ちません。株式投資がプラスサムなのはあくまで市場全体に追従する投資法を取っている場合のみで、市場の歪みを突く攻略法を駆使する場合は良い意味でも悪い意味でも市場全体のパフォーマンスに追従しません。

株式投資に熱中するあまりとんでもない負けゲームに足を突っ込んでいる可能性は常にあるのです。今まで自分より遥かに株式投資に詳しいや、資金管理が完璧な人も見てきましたが、不思議とあまり成功していないケースが多いです。

株式投資がカジノのいちゲームに過ぎないとしたら、あまりそれに熱中するよりはカジノ全体、つまり自分が生きる資本主義社会そのものの攻略を目指した方がいいでしょう。ゲームの攻略方はいつか賞味期限が来ます。

考えてみれば生まれながらの金持ちで株式投資オタクの人なんか居ませんしね。いや、たまにいますけどそういう人は大抵資産を減らしています。

株式投資オタクを例にあげましたが、インデックス投資オタクでも話は一緒だと思います。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ