FX自体があまり頭の良い資産運用法とは言えないのですが、中でも業者が提供するシステムトレード口座を使った自動売買は最も頭の悪い資産運用方法と言えるでしょう。

自動売買口座は夢の口座です。もちろん業者にとっての。

金融機関が儲けるのに一番てっとり早いのは顧客の資産を回転売買させて取引手数料を稼ぐ事で、古典的な手段と言えます。金融機関の利益と顧客の利益が相反するこの無意味な回転売買は金融庁も目を光らせていて、近年厳しく指導監督しています。

トラリピだかループイフダンだか何だか知りませんが、カタカナで誤魔化してもやってる事は古典的な回転売買による手数料稼ぎです。

FX口座は作るだけで現金が貰えたり一度取引しただけで現金が貰えたりする異常な口座ですが、いかにFX業者の利益率が高いかはこれで想像がつくかと思います。

またこれに群がるアフィリエイト業者がクソみたいな紹介サイトでネット上を埋め尽くしているために、ググってもなかなかまともな情報源にたどり着きません。

自動売買(仕組み売買)で最大化されるのは顧客の利益では無く業者の利益です。24時間営業の集金マシンを自宅に設置するような愚は避けた方が良いと思われます。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ