関連コンテンツ

早期リタイアは早ければ早いほど良いか?

早期リタイアブログを色々読んでいると、かなり高い確率で出てくる「後悔している事」があります。

それは、「なぜもっと早く早期リタイアの決断をしなかったのか?」という後悔です。

私も今思えばかなうことならあと5年は早く早期リタイアしたかったと思う事があります。


しかし、よく考えてみなくても、早期リタイアブログでこのような後悔が語られているのはある意味当たり前です。

早期リタイアブログを書く人は、現状早期リタイア生活が上手く回っているからこそブログを書く気になった、あるいは書き続けているのでしょう。

「こんなに上手くいくのならもっと早く辞めれば良かった」と思うのは成功者バイアスがかかっているかもしれません。悪かった事や失敗した不愉快な思い出は人間の脳の機能として消去されていきがちです。


しかしそれが分かっていても、もっと早く早期リタイアしたかったとは思います。それほど気力と体力の充実している年齢の時間は貴重です。例えば私の趣味は自転車や登山ですが、これも何歳まで楽しんで出来るかは怪しいです。若いに越したことは無いです。

よく分からない理由で早期リタイアの決断を先延ばしにするのはただただもったい無かったと個人的には思ってます。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
逆にセミリタイアが早すぎて後悔してる人もいるんでしょうね。
ただそういう人はブログにあまり出てこないということですか。

私は現役の勤め人で、セミリタイアはあこがれです。
決心して実現できた人がうらやましいです。

昨日自転車で日本一周してる人を見かけました。
40才くらいかな。すごい荷物積んでました。
セミリタイアしたのかな
Re: No title
> 逆にセミリタイアが早すぎて後悔してる人もいるんでしょうね。
> ただそういう人はブログにあまり出てこないということですか。
>
> 私は現役の勤め人で、セミリタイアはあこがれです。
> 決心して実現できた人がうらやましいです。
>
> 昨日自転車で日本一周してる人を見かけました。
> 40才くらいかな。すごい荷物積んでました。
> セミリタイアしたのかな

まあ後悔してる人はブログは書かないでしょうね。Twitterなんかでも株で勝ってる人ばかりのような印象ですが負けた人は何も発信しなくなるだけなので、目にする情報には偏りがあるという事ですね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク