関連コンテンツ

おカネを軸に考えよう

日本は資本主義国家なので、おカネを軸に物事は回っています。

「おカネが全てじゃない」という価値観もあり、これはその通りです。

ただこれは価値観の問題ではなく社会のシステムの話です。

どうもここをあいまいなままにした人が多いような印象です。

例えばやり甲斐のある仕事をしたければすれば良いのですが、それで必要十分なおカネが得られるかどうかは別問題です。

仕事にやり甲斐が有ろうが無かろうが、報酬は高い方がいいに決まっています。十分な報酬が得られないとそのやり甲斐のある仕事を続ける事すら困難になってきます。

なぜ学校の進路指導で将来やりたい事を聞く前に希望する年収を聞かないのかは疑問です。

学校は職業紹介所じゃないから?

いやいや、資本主義国家ではおカネが無いとできる事が大幅に制限されます。そんな事は大人なら誰でも知っています。

やりたい事が無いという人がたまにいますが、それはやりたい事の実現見込みが無いから最初から諦めているだけの事です。

たぶん学校の先生は業種別の年収とかそんなデータは持っていないのでしょうが、ここで悲劇が発生しています。

例えば自動車整備士は現在の社会に必要な重要な職種だと思いますが、現在では残念な事に代表的な低年収の職種になってしまっています。

機械いじりの好きな子供がこれを知ったらどう思うでしょうか。少なくとも先生や親は知っておいた方がいいと思います。

何の仕事をしたいかとか、どこの大学に行きたいとかよりおカネを軸に考えた方が分かりやすいし後で後悔しないと思うのですがどうでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

中学生に読ませたい
是非中学生に読ませたいと思いました。
情報不足は致命的ですから。
知った上での決断なら後悔もないでしょうね。
Re: 中学生に読ませたい
> 是非中学生に読ませたいと思いました。
> 情報不足は致命的ですから。
> 知った上での決断なら後悔もないでしょうね。

中学生は絶対にこのブログを読まないでしょうが。
職業に貴賎はなくても年収差は分かりやすくありますからね。
年収の差
お金について勉強しない限り、この記事の視点は身に付かないので、お金について勉強するのは大事ですよね。

中学生時、『14歳のハローワーク』という本を参考になった記憶があります。

しかし、日本の現制度の問題点や、稼げる職業やトレンド(英語やプログラミング)を教師や親が知らなければ、まず教えるのは無理ですよね。

生徒がどこで気づくかっていうと、よくて大学、一般的に社会人になってから。
気づいた時点で時すでに遅し、リセットボタンもなければセーブポイントに帰りもできない。
親や先生を恨んでもしょうがないですが、ほんの少し後悔しています。
Re: 年収の差
> お金について勉強しない限り、この記事の視点は身に付かないので、お金について勉強するのは大事ですよね。
>
> 中学生時、『14歳のハローワーク』という本を参考になった記憶があります。
>
> しかし、日本の現制度の問題点や、稼げる職業やトレンド(英語やプログラミング)を教師や親が知らなければ、まず教えるのは無理ですよね。
>
> 生徒がどこで気づくかっていうと、よくて大学、一般的に社会人になってから。
> 気づいた時点で時すでに遅し、リセットボタンもなければセーブポイントに帰りもできない。
> 親や先生を恨んでもしょうがないですが、ほんの少し後悔しています。

そう、大人になればある程度誰でもおカネの重要性には気づきます。子供がおカネの話をするのがタブーみたいな空気が今だにあるから、悲劇が発生しています。
No title
おカネの重要性を知っている人はおカネと真摯に向き合います。
おカネが無いひとは人生おカネじゃないと言いながらこの問題から逃げているように見えます。
もっと若いころから真剣におカネのことを考えていれば、恨みつらみを言うような人生にはならなかったのに。
Re: No title
> おカネの重要性を知っている人はおカネと真摯に向き合います。
> おカネが無いひとは人生おカネじゃないと言いながらこの問題から逃げているように見えます。
> もっと若いころから真剣におカネのことを考えていれば、恨みつらみを言うような人生にはならなかったのに。

義務教育段階でもっとおカネの話をするべきだと思うんですよね。社会が変わらないと無理ですけど、せめて自分の周囲だけでも自衛はしたいなあ。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク