関連コンテンツ

トランプ次期大統領は「正体不明の悪魔」

まさかのトランプ大統領誕生。今年はイギリスのブレグジットもあったし、世界の政治不安が続きます。イギリスといいアメリカといい、世界の金融の中枢ですから政治の不安定を何よりも嫌うんですよね。

トランプ次期大統領はウォール街にとって「正体不明の悪魔」

>予測不能を嫌うウォール街にとって、トランプ氏は究極のワイルドカード(不確定要素)だ。

> 例えばトランプ氏が財務長官に誰を起用するか、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長を本当に交代させるのか、米金融規制改革法(ドッド・フランク法)を具体的にどうするのかについて、バンカーらははっきりした答えを見つけられないでいる。


ここまで言われるアメリカ大統領がかつてあったでしょうか?ちょっと笑えてきますね。笑い事じゃないんですが……

政治と金融経済、株価の関係は、ざっくり言って長期安定政権なら株価は上がるというものです。

日本で言うと長期安定政権になった小泉内閣や第二次安倍内閣で大きく株価が上った事を考えるとイメージしやすいでしょう。

そう考えると何をするかわからないトランプ大統領の誕生は株価的には歓迎できません。主要な政策が出揃うまでは様子見でしょうね。

個人的には株価については比較的強気(万年強気ですが)でしたが、それもこれも日本で言えば安倍政権の政治的な安定があってのことですし、これで分からなくなってきました。


私の投資の基本的なスタンスとしては、なるべく株価だけを見ずに冷静に個別の企業価値を見るという事です。

株価暴落、急激な円高と言ってもまだまだ通常の変動の範囲内に収まってます。昨年のチャイナショックに比べたらまだ意外と冷静な値動きではないでしょうか。

現時点では相場の方向性を予測しても無駄そうです。基本的には不確定要素を嫌う株価は傾向として下げやすくなるでしょうから、今まで通り配当利回りなどを足がかりに目をつけていた銘柄を冷静になるべく安く拾っていくという姿勢です。

まあとにかく冷静にですよ。不確定要素が増えてる局面では分かりきった事だけを実行する事です。慌てた所で何もいい事はありません。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント