関連コンテンツ

当たったIPO(新規公開株)が値上がりする確率とIPO投資法の本質

IPO(新規公開株)が値上がりしやすいのは、過剰に人気が集中するからです。

人気が集中すれば入手が困難になり、希少価値が出るので価格は上昇します。

つまり当選確率が低いIPO(新規公開株)ほど値上がり確率は高いのです。

「値上がりしないクズIPOばかり当選する」と嘆く人がいますが、原理的に当たり前の話なので嘆く意味が分かりません。こういう人は自分がやってる事の意味を考えた事も無いのでしょう。

つまりこういう事です。

「IPO(新規公開株)の多くは値上がりしやすい」
「IPO(新規公開株)の多くは当選しない」
「当選したIPO(新規公開株)は高い確率で値下がりする」

純粋に確率だけで考えるとこうなります。

IPO(新規公開株)投資が必勝の戦法になるには、事前に人気を調査して絶対に当選しそうも無い絶望的低確率の、過剰人気の銘柄だけに申し込む必要があります。当選してから検討するのは迷いが出るから必勝とは言えないでしょう。

実際の当選確率を考えると、なんというか、真面目に働けと言いたくなるような戦法ですね。資金効率は最悪です。

もし全てのIPOに応募して、当選したIPOがことごとく値上がりするような事態になったら、それは異常なバブルが進行している証拠です。

その時はもっと資金効率、投資効率を考えてそのバブルに乗るか、もしくはいずれ来るバブル崩壊の影響から致命傷を負わない内に逃れる事を考えた方がいいでしょう。

無邪気にIPO投資法なんかやってる場合じゃありません。

最新版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク