関連コンテンツ

IPO(新規公開株)投資法は本当にリスクが低い?リスクのあれこれ。

IPO(新規公開株)投資法はリスクが低いと言われます。本当にそうでしょうか。

人気が集中し、値上がりが確実と言われる銘柄にだけ応募して、当選したら初値で売る事に徹すれば勝率はかなり高いでしょう。当選した時点から考えたら必勝と言えるかもしれません。

しかしそれでも私はIPO(新規公開株)投資法はリスクが高くなりがちだと思います。

どういうことかと言うと、リスクという言葉の定義についてです。

普通の人は、リスクと聞けば損失リスクの事しか考えません。買った株が値下がりして損をするのがリスクという感覚です。

元本保証の無い金融商品はリスクがある、という場合はこの値下がりリスクの事を言っているのでしょう。

ここで言おうとしているリスクは「不確実性リスク」の事で、変動の度合いを指しています。

人気のあるIPOが上場直後に公募価格より値上がりする事はほぼ確実でも、変動の度合いは分からないのです。初値で2倍になるような銘柄でも、しばらく様子を見ていれば5倍になるかもしれませんし、逆に公募割れするかもしれません。

これが不確実性リスクで、変動の度合いが大きい程、「リスクが高い」と表現します。例えば10倍になるのも10分の一になるのも同じく「リスクが高い」と表現します。

この不確実性リスクを避ける為に、当選したIPOは初値で売るのが鉄則ですが、そもそも確実に値上がりするようなIPOは滅多に当選しないのも普通です。

IPO投資も初値で売るのを徹底すれば確かに「不確実性リスク」は低いといえますし、「値下がりリスク」も低いと言えます。さらに言うならば、お宝IPOはめったに当選しない事を考えれば、「当たらないという確実性」の高い投資とも言えます。確かにIPO投資は損失リスクは低いかもしれませんが資金効率を考えれば大して儲からないという別のリスクがあるかもしれません。

心情としてはせっかく当選したお宝IPOなら、利益を伸ばす為にしばらく様子は見たい所ですが、そんな事をやっていたら多分成績は安定しないでしょう。IPO投資が儲かるように見えるのは「不確実性リスク」が高い為で、確実に勝つ為に「不確実性リスク」を下げる操作をしたら儲けも確実に減るのです。

結局IPO投資法用に用意した資金は長期間活用されない事が多く、トータルで見たパフォーマンスは低いのでもっと他に有効な投資先があるような気がします。

このように何も、ただ損をしない事、マイナスにならない事だけが「リスクが低い」という訳では無いのです。

場合によっては「確実に損をする」というのも「リスクが低い」と表現する事もできます。損切りが心情的にどうしても出来ない人は、「リスクを下げる」操作だと考えれば少しはやりやすくなるでしょう。

最新版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!



関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

わかりました!

低リスクファンドと言う手数料1% ほぼ元本が戻ってきそうなファンドに変な期待を持ち10年経過ということは、しません!つーか 買いませんけど。

リスクを考えてみたら 含み損でも含み益でも精神的にはリスクありますよね(笑)ドキドキするわ。←訓練が足りない

・・ただ、笑い話にしろ、さいもんさんは こういう目には見えない 精神的なリスク 体力的なリスクと言う話が通じるだろうから コメント出来ます。


ちなみにIPO株は よくその企業が、わかんないから買わないです。業種的に応募してみるか と思う事はありましたが。今は 安値 配当 種銭作り なんで 余計な事は出来ません。←このブログに影響受けてる

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント