関連コンテンツ

ヤフー掲示板の上手い使い方

ヤフー掲示板については、タチの悪い買い煽り掲示板だとか、アホー掲示板だとか、便所の落書きだとか酷い事を言う人もいますが、私は使いようによっては使えると思っています。

ようは資料は見る順番があると言う事です。

私の銘柄選定はまず四季報の数字をパラパラとチェックして、目に止まった銘柄から詳しく読んでいきます。競馬新聞の馬柱でもそうですが、膨大なデータが詰まっている書物でも注意して見る所は限られています。自分なりのチェックポイントを持つ事が大事です。

次にその銘柄のホームページに移動して、IR資料を読んでいきます。有価証券報告書と決算短信です。その次に会社が作成した分かりやすい広報資料。この順番は守るようにしています。

会社の作った広報資料は自社にとって都合の悪い書き方はしていないので最初に読むとどうしても印象が引きずられてしまいます。ある程度は予備知識が無いと批判的な目で見る事は出来ません。

ここまで相当時間がかかっていますが、どうもしっくりこない、と感じたら実際の投資は見合わせます。くれぐれもここまで調べた労力が惜しいからと言って、無理に投資に踏み切らない事です。いませんか?買った後に含み損になって、詳しく調べていく内にホールドする理由を無理やり探しているような人。

で、最後にヤフー掲示板を見に行きます。

掲示板をざっと見ればその銘柄の最近の話題や雰囲気がおおまかに掴めます。

買い煽りをする人、業者の書き込み、ホルダーの悲鳴、願望、愚痴、「下がったら買いで余裕です」、「筋は拾っている」、イナゴの集まり具合等々、多彩というかカオスな書き込みで一杯です。

ヤフー掲示板というのは会社のホームページすら見ないで書き込んでる人のあほな書き込みがあるので、そういうのは事前に調べていればすぐに分かります。

一般に掲示板が盛り上がってる銘柄ほど新規参入には向いていません。ボラティリティが増大している状態で、有利な価格で仕込むのが難しいからです。高値掴みの危険性も増します。仕込みは注目されていない時、チャートが心肺停止状態の時にするのが基本です。

目を付けた銘柄のスレッドの最後の書き込みが半年前だったりすると興奮します。そういう銘柄をたっぷり仕込んだ後、掲示板が盛り上がってくるような状況になれば上々ですね。

つまり四季報を起点として有報から順番に資料を見ていって、最後にヤフー掲示板を見たりする訳です。

世の中には恐ろしい事に、予備知識ゼロに近い状態でいきなりヤフー掲示板を見に行って、そこから混乱したアタマで投資する銘柄を考える人がいます。私はこれを発狂投資法とか基地外戦術とか呼んでいます。正気の沙汰じゃないって事です。TwitterなどのSNSも似たような物です。

Yahoo!ファイナンス - 株価、為替の総合アプリ(無料)




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

参考になりました
広報は財務の次に、、、、。
私達はこれまで、順番が逆になることがままありました。
脳が楽をしたいバイアスだったのでしょうね
No title
う~ん、耳が痛い・・。

私の場合、わりと、掲示板の書き込みに左右されています。

配当金には無頓着でしたが、あと、10年後には年金生活に這い入るので、
配当も考える必要が出てきました。

参考にさせて頂きます。

配当なら4%以上の銘柄を探せば10年複利で約1.5倍になりますか?

年金と言えば、バブル時代、個人年金、10年で二倍になるのとか、今では考えられない

高配当商品が当たり前のように売られていました。

その頃はそれが当たり前で、ずっと続くものと思っていましたので、年金なんてもっと
年取って収入が上がれば、たくさん入れば良い考えましたが、先のことはわからない物ですね。








Re: 参考になりました
> 広報は財務の次に、、、、。
> 私達はこれまで、順番が逆になることがままありました。
> 脳が楽をしたいバイアスだったのでしょうね

投資に限らないのですが、無味乾燥な一次資料から順番に見ていく癖をつけていくのがネット社会で生き残る第一歩でしょうね。投資なんて特に落とし穴だらけですから、横着をするとどこかで穴に落ちる事になります。
Re: No title
> う~ん、耳が痛い・・。
>
> 私の場合、わりと、掲示板の書き込みに左右されています。
>
> 配当金には無頓着でしたが、あと、10年後には年金生活に這い入るので、
> 配当も考える必要が出てきました。
>
> 参考にさせて頂きます。
>
> 配当なら4%以上の銘柄を探せば10年複利で約1.5倍になりますか?
>
> 年金と言えば、バブル時代、個人年金、10年で二倍になるのとか、今では考えられない
>
> 高配当商品が当たり前のように売られていました。
>
> その頃はそれが当たり前で、ずっと続くものと思っていましたので、年金なんてもっと
> 年取って収入が上がれば、たくさん入れば良い考えましたが、先のことはわからない物ですね。

複利計算は電卓があれば誰でもできるんですよ。計算できないのは不確実性リスク(厳密に言うと金融で言うリスクは計算できる)の方です。

バブル時代はインフレで庶民は都内で家を買えないから預貯金の利率も高かったんです。今はデフレで何でも安いんですから利回りは低くていいんですよ。金利も読めないのに30年ローンとか組まなければ問題ありません。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント