関連コンテンツ

株主が株から得られる利益は2つだけ

何の事かと言うと、当たり前の話なのですが、原則的に株主が株式から得られる利益は値上がり益と配当だけです。カッコよく言うとキャピタルゲインとインカムゲインです。

「当たり前の話じゃないか」と思われるかもしれませんが、では実際に値上がりもせず配当も殆ど出さない株式を所有してる人が世の中に結構居るのはなぜでしょうか?

ひょっとしたら、利益以外の何かを求めているのかもしれませんね。株を所有する事による社会貢献とか、所有自体の喜びとか、会社を応援するファン心理とか、これは深い話ですが、深層心理で損をする事を望んでいるのかもしれません。あっ株主優待というものもありましたね。

利益の話に戻すと、株式投資の目的は値上がり益か配当、もしくはその両方を得る事です。ここをぼやかしてしまうと何をやっているのか分からなくなります。

通常株価が上昇する原因は会社の利益の成長です。会社の利益が成長すると会社に利益が蓄えられますが、まだ成長の余地があると見なされれば株価が上がり続けるので、この場合蓄積した利益の使い方は会社の自由です。

更なる利益成長への投資に回すのも良し、従業員の給料も上げるのも良しです。株価が上がっているので配当は増やさなくても株主的にはあまり問題はありません。

問題は会社の利益成長が鈍った、止まったと見なされた時です。この場合株価は下落するでしょうが、経営陣にはまだ株主に報いる手段が残っています。

それがつまり配当を上げる事です。自社株買いという手もありますが、これは株主にとって目に見える利益ではないので割愛します。

ROEが低く、配当はろくに出さない、株価は上がらない、経営陣にやる気があるのかも怪しい、そんな株を保有する理由と言ったらなんでしょうか。ボランティアでしょうか。

利益を得るために株式投資をするなら、とことんまで厳しい目で会社の経営陣を監視する必要があります。決して甘やかしてはいけないのです。限界ギリギリまで株主に報いる気がある会社にのみ投資するべきです。株式会社なんですから。

良い株主 悪い株主




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
会社は誰のものか、という話がよくありますが、やはり株主のものだと思います。
株式会社には株主様にどんどん貢献してほしいです、配当でも自社株買いでも。
自分にとっては利益をもたらしてくれる株こそが良い株です。
Re: No title
> 会社は誰のものか、という話がよくありますが、やはり株主のものだと思います。
> 株式会社には株主様にどんどん貢献してほしいです、配当でも自社株買いでも。
> 自分にとっては利益をもたらしてくれる株こそが良い株です。

株主には株主責任がありますからね。責任持てないような企業の株は買わない、売り払うのが株主のやるべき事でしょう。それが株主の利益になります。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク