「株価は経済の鏡」という言葉があります。

古い記事ですが2014年のロイターの記事、

株価は経済の鏡、客観的指標として考えておく必要ある=官房長官

>最近、景気の足踏みを示す指標が出ている中で株価が上昇していることについては「それは聞かれても答えることはできない。株価は経済の鏡ということを言っている。そういう意味で客観的な指標として考えておく必要はあると思う」と語った。

これは株価が実経済より先行する性質について言っています。
官房長官もアベノミクスの先行きに自信があったんでしょうね。

株価は企業の業績見通しを事前に織り込む形で上昇したり下落したりします。
株価にはリアルタイムであらゆる情報が織り込まれていっていると言えます。
それを鏡に例える訳です。

一方で、「株価は悪魔の鏡」という言葉もあります。

株価がリアルタイムであらゆる情報を織り込むなら、群集心理、暴落の恐怖、上昇に乗り遅れる恐怖、熱狂、強い思い込み等々投資家の心理状態もリアルタイムで映し出していくのです。
まさに株価は悪魔の鏡です。

短期の値動きに意味を求めても無駄でしょう。
神様のやる事の意味は人間には分からないのと似たようなものです。

株価は常に正しい、というぐらいの素直な気持ちで相場に向かわないと大相場が来るたびに大損したり儲けそこなったりします。
ベテランの投資家は株の値動きに関しては一種の敬虔な信者のような気持ちでいたりします。

なんだか怪しい記事になってしまいましたね……

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ