レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン(Gigazine)

Amazon Go、年内にベータ公開―アプリ・ベースの食品ショッピング・システムはレジなし、行列なし(TechCrunch Japan)

Amazon: レジのないスーパー「Amazon Go」を発表・客は商品を取って持ち帰るだけでOK

>Amazonは5日、レジで清算をする必要のないまったく新しいスーパーマーケット「Amazon Go」を来年から店舗展開することを発表した。


Amazonがスーパーマーケットの実店舗を展開するというニュースは既に報じられていましたが、目玉はこれだったようです。


>Just Walk Out〔そのまま歩いて出る〕と非常にストレートに名付けられたテクノロジーがAmazon Goのベースとなっている。同時にこのシステムの目的がよくわかる。

>このショッピング・サービスはシアトルのAmazon本社内に年内にオープンする予定の1800平方フィート(167平米)社員向けストアでベータ公開される。Amazonによれば、Goは「まったく新しい形のストアであり、出口での精算手続きを一切必要としない」という。


セルフレジや自動レジによる省人化・無人化の段階をすっ飛ばして、レジ自体を無くすという発想。

4年前から開発していたという事でAmazon恐るべし。

商品管理にタグを使わず、客が商品を手に取ったり棚に戻したりを、店内に設置されたビデオカメラの映像解析で管理するという事ですが、そんな事が実用レベルで可能になったんですねえ……

ショッピングの手続きは入店時に自動改札風のゲートを通る時だけで、後はそのまま買い物をしてそのまま店を出るだけ。出口での精算行為が無いので、従来のショッピング感覚からするとまるで万引きしてるような感覚ですが慣れるのかな。

やはり今後は世界的に無人店舗化が進む流れのようです。人間の働き方、報酬、労働時間はどうなっていくんでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ