関連コンテンツ

超値がさ株のキーエンス(6861)が株式2分割を発表。約370万円弱とお求めやすくなりました?

それでも379万円、あの優良企業の「株式2分割」の真意

>週初5日の取引時間終了後、別にどうということでもない「株式2分割」のニュースに市場関係者はザワめき立った。というのも、その発表をしたのが、セレブ御用達の香りを放ち、一般投資家に近寄りがたい雰囲気を株価で発するキーエンス <6861> だったからだ。


キーエンス(6861)と言えば一般的な知名度は低いものの、株式市場では有名な超優良企業です。TOPIX Core30の構成銘柄のひとつでもあり、超高収益、無借金、従業員の平均年収1756万円!と非の打ち所がありません。

テレビ局などの一部業種を除けば、おそらく日本で一番従業員に報いている会社では無いでしょうか?

もっとも、その激務っぷりも日本一らしいですが……

株価も超一流で、12月6日の終値で73,220円、100株単位なので最小単位でも730万円もする超値がさ株です。売り出しによる需給悪化の懸念、という事でこの日は下がったようですが、もともとが高いですからね。

鉄壁の財務にも係わらず配当利回りは低く、IRにも熱心では無い事で知られる企業ですが、これだけ値上がりしていれば株主としても文句は無いでしょう。

ファナック(6954)が近年IRに目覚めた事を考えると、まさに随一の孤高の企業です。

過去の関連記事:高収益企業ファナック(6954)の株主還元方針の転換について

株式2分割という事で、約370万円弱のお求めやすい価格でこの超優良株を手に入れるチャンスですね。おひとついかがでしょうか?私は配当利回り的に遠慮しておきますが……

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント