関連コンテンツ

カジノに賛成というより、むしろ今までカジノが無かった事が不自然で不合理。なんででしょうか?

全然関係ないですが、日本語で慣例的にカジノって言うけど「casino」だから英語読みだとカシノですよね。カシノの方がなんとなくオシャレな気がするんですがどうでしょうか。

それはともかく先進国でゲーム賭博がまったく合法化されていないのは日本ぐらいのものです。普通は部分的にでも認めてコントロールしようとしますよね。

日本だけカジノが今まで無かったのかむしろ不自然で不合理な気がします。なんででしょうか?

日本人はギャンブルが嫌いだから?そんな訳無いですよね。パチンコパチスロ競馬競輪競艇オートレースFX……と日本にはカジノ以外のギャンブルは山程あります。

もちろん他国は関係ない、日本には日本の事情がある、という考え方もあります。

では日本の事情とは何か?これはもう決まってます。利権問題です。

まず官公庁の利権問題。一般教養の類ですが、ギャンブル業界の監督省庁をおさらいしておきます。

・パチンコ 警察庁
・競馬 農林水産省
・競輪 経済産業省
・競艇 国土交通省
・宝くじ 総務省

この監督省庁の分け方に合理性があるのかどうかは知りませんが、利権を仲良く山分けしているようにしか見えませんね。

そして日本のカジノが実現した時にその監督省庁がどこになるかはまだ決まっていません。基本的に官僚機構はカジノに反対です。自分の所の分け前が減るからです。もし賛成してる所があったら、多分カジノ利権を自分の所に引っ張ってくる見込みがあるんでしょう。

カジノのゲームの多くは控除率が数%程度で、他のギャンブルの客を奪う見込みは十分にあります。これが今までカジノが合法化されなかった一番の理由でしょう。

次に政治家。反対してるのはカジノが実現してもカジノ利権を得る見込みの無い政治家です。国益とか二の次です。

パチンコチェーンストア協会の「政治分野アドバイザー」の顔ぶれを見ると面白いです。

参考:パチンコチェーンストア協会理事・会員リスト

自民党議員23名、民進党議員16名が名を連ねています。

面白いのは「政治分野アドバイザー」のうち少なからぬ人数が「カジノ議連」のメンバーも兼ねている事です。カジノ議連はカジノの合法化とパチンコの換金合法化を目指している集まりですから、方向性としては合ってるのかもしれません。

日本のギャンブル環境は利権ありきの利権まみれで、この状態ではまともな議論は通用しません。何を言っても特定の誰かの利益を代弁しているようにしか聞こえません。

じゃあギャンブル絶対反対の政治家が信用できるかと言うと、これも現実離れし過ぎていて特定層の人気取りの衆愚政治家にしか見えません。

原則論としてギャンブルを管理するには、「隔離」するしかありません。子供やギャンブルをすべきでない人からギャンブル場を物理的に隔離する事です。

本来は街中に誰でも入れるギャンブル場があるのが異常です。どこの街の駅前にも主婦や年金暮らしの老人が普段着にサンダルばきで気軽に入店できるパチンコホールがあります。簡単にギャンブル依存症患者を生み出す環境です。

ギャンブル場は合法化するかわりにリゾート地などに隔離して、おカネに余裕があり分別がつく?人達だけが楽しめるようにするのが王道です。ギャンブル依存症、犯罪、税収の確保、これらの対処が一番合理的にできます。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

カジノに反対している政治家
日本でカジノ法案が衆院を通過した翌日、韓国のカジノ関連銘柄のパラダイスが前日比6.32%(850ウォン)下落、GKLも前日比3.53%(750ウォン)下落しています。これは、日本のカジノに韓国カジノの外国人客、主に中国人ですが、が奪われ業績に打撃を受けると予想されたからです。つまりそうです、勘のいいさいもんさんならもうお解りでしょうが、カジノに反対する勢力には、例の日本よりも韓国が大切な連中も入っていると言うことです。
Re: カジノに反対している政治家
> 日本でカジノ法案が衆院を通過した翌日、韓国のカジノ関連銘柄のパラダイスが前日比6.32%(850ウォン)下落、GKLも前日比3.53%(750ウォン)下落しています。これは、日本のカジノに韓国カジノの外国人客、主に中国人ですが、が奪われ業績に打撃を受けると予想されたからです。つまりそうです、勘のいいさいもんさんならもうお解りでしょうが、カジノに反対する勢力には、例の日本よりも韓国が大切な連中も入っていると言うことです。

韓国の個別銘柄まではチェックしていませんが、韓国経済の現状はアレで指数はダメダメですし偶然という事もありますかね。なんとも言えません。パチンコ業界も一枚岩では無く反対派と賛成派がいますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント