関連コンテンツ

「利回り革命」と「逆利回り革命」

債券の利回りと株式の配当利回りを比較した時、現在は配当利回りの方が高いのが普通です。

リーマンショック以降に投資を始めた人にとっては当たり前じゃないの?と思うかもしれませんが、実はこの状況は「逆利回り革命」と言って割と画期的な出来事なのです。

その前に「利回り革命」の方から説明する必要があります。

第2次世界大戦以前は現在と同じく株式の配当利回りの方が長期金利より高いのが普通で、その理由として株式はリスクが高いぶん債券より利回りが高いのが当然と思われていた事があげられます。
これは現在でもしっくりくる考え方です。

配当利回りが高いと言う事は、株式の利益成長力や安定性に疑問符が付けられていて、PERが低い、つまり平たく言えば株式が信用されて無かったんですね。

状況が変わったのが1958〜59年で、世界的に水準訂正的に株が買われて平均PERが上昇(配当利回りは低下)しました。
これが「利回り革命」で、これ以降は株式の配当利回りが長期金利より低いという状況が常態化しました。

つまり「利回り革命」の時代とは、株式の成長力が評価されて、その分配当利回りは長期金利より低いのが当然である、という時代です。

現在は「逆利回り革命」の時代です。
利回り革命は日米同時に起こりましたが、逆利回り革命はタイムラグがあり、日本はバブル崩壊後の1990年代の後半から長期金利と配当利回りが接近しはじめて、リーマンショックの2008年以降には配当利回りは長期金利より高いのが当たり前という「逆利回り革命」と言える状況が定着しました。

アメリカの場合はずっと長期金利が配当利回りより高い状況が続いていましたが、さすがに2010年代に入るとこちらも逆利回り革命の状態になりました。

今後はどうなるんでしょうか。
アメリカはここ数年は利上げするする詐欺と言われるような状況でしたが、トランプラリーを契機に金利が上昇する兆候が見えてきました。利回り革命の時代に回帰する方向に寄せていくかもしれません。革命と言えるまでの状況になるかは分かりませんが。

日本はどうかと言うと、さすがに長期金利の低下に歯止めはかかるものの、配当利回りの方が高い傾向はそう簡単に変わらないのでは無いかと思います。

というのも、日本という国の経済成長力の低下と合わせて、アベノミクス以降は日本企業の配当性向が革命的に上がっている傾向があるからです。
成長力の低下による株価下落と株主還元意欲の増大による株価上昇が吊り合って、株式の債券化が進むのではないかと。

だから配当金生活なのです、という我田引水的な結論が出た所で終わります。


名画で読み解く「世界史」




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

勉強になるなー
今の中高年が銀行への貯金が良いと勧めるのはこのせいですかね。
Re: タイトルなし
> 勉強になるなー
> 今の中高年が銀行への貯金が良いと勧めるのはこのせいですかね。

利回り革命は本当に革命だったらしいんですけど、逆利回り革命は一般人にとっては気が付いたらそうなっていた、という感じですね。世代によって感じ方が違うでしょう。
No title
オチがおもしろかった

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント