関連コンテンツ

クラウド会計ソフトのfreee(フリー)を試す

前記事:ゲーテは「複式簿記は人類最高の発明」と言ったか?

前記事の通り、クラウド会計ソフトのfreee(フリー)を試していきます。







クラウド会計ソフトの有名どころはこの「freee」と、口座管理に重宝しているマネーフォワード系の「MFクラウド会計」があるんですけど、とりあえず「freee」を使ってみる事にしました。

ネットの評判では「freee」の方が簡単で簿記の実務経験が無くても感覚的に使えるという事です。今の時代感覚的に使えるものが標準になっていくと思うんですよね。apple製品とかそうでしょう。

freeeがマネーフォワードを提訴、勘定科目の自動仕訳特許侵害でを提訴、勘定科目の自動仕訳特許侵害で

ちなみに1週間ほど前にfreeeがマネーフォワードを特許侵害で訴えるというキナ臭いニュースがありました。クラウド会計業界の仁義なき戦いが始まるのでしょうか。ユーザーとしては使い勝手の良い方を使えばいい話なんですけどね。


freee_convert_20161214120200.png


さてクラウド会計ソフトのfreeeを試します。

クラウド会計ソフトシェア№1!経理の効率が50倍に!とか誇らしげに書かれています。

何が50倍なのかよく分かりませんが、とりあえず「無料で試してみる」をクリックします。


seimei.png



まずアカウント登録から。
「事業形態」を個人事業主にして、あとは普通に入力していきます。



freeehajime.png



パスワードの設定入力まで終わったら、「freeを始める」をクリック。



nyuuryoku.png



屋号は別に入力しなくていいです。業種は一瞬悩みますが、ブログとアフィリエイトしかやらないので、「その他サービス業」でしょう。ちなみに、早期リタイアブロガー・アフィリエイターが名乗る職種は「広告業」が適当だそうです。確かにGoogleアドセンスを通じて広告を出稿してもらっているのだから、広告業で間違いないでしょう。個人事業税の事業区分としては広告業、簡易課税制度の事業区分としてはサービス業、らしいですよ。ややこしいですね。



otamesi_convert_20161214120213.png


ご利用いただくプランをお選び下さい、とありますが、とりあえず「一か月だけお試し」を選びました.。一か月無料なので試してみて気に入ったら継続利用すれば良いでしょう。

今年度は白色申告するので、本格的な利用は来年度からになりますが、とりあえず操作に慣れて行こうかと思います。





関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント