「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)が2017年1月1日から始まることはご存じだろうか? 「ええっ、聞いたことがないよ」という人が多いのではないだろうか。

従来は医師が処方する薬にだけ適用された医療費控除を、一部の市販薬にまで広げて所得控除が受けられるようにするもの。年末の医療費控除の特例として、おカネが戻ってくるお得な制度だから、ぜひ、薬を買う時はレシート(領収証)をとっておこう。



セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(厚生労働省のサイト)

従来の医療費控除では、1年間に自己負担した医療費で10万円を超えた部分の金額の控除を受ける事ができます。しかし「10万円を超えた部分の金額」の控除なので、余程大病しない限り正直あまり使えないなという印象でした。

この新制度は対象となる「OTC医薬品」……つまり対象市販薬を年間1万2000円以上買うと、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受ける事が出来るという事です。これなら家族の分も含めると対象になる人も多そうです。

特例なので、従来の制度との併用は出来ないとの事。

ただし条件があって、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」である必要があるみたいですね。具体的には、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、がん検診、を受ける事が条件らしいです。

国の狙いとしては増大する一方の医療費削減の為に、軽微な症状ではいちいち病院に行くな、市販薬で十分、あと健康維持と予防は個人でやれって事でしょうね。以前報道があった健康ゴールド免許とかの流れですね。

株式投資的には、製薬会社やドラッグストアの業績にも影響があるかな?

私は制度の趣旨としては賛成なのですが、健康診断などが条件になってるのがちょっとなあ……という感じです。利権の匂いがするんですよね。自治体の助成金が出るので予防接種ぐらい受けとこうかな……という気にさせます。

私は健康診断も予防接種も必要に迫られない限りは受けない派なんですよ。私が住んでる市では、自治体から補助金が出るんですけど、補助金が出る時点で利権が絡んできますよね。もうちょっとスッキリした制度に出来ないものかしら。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ