Xmas週の売買減少は風物詩、海外勢不在-1月売りは回避か

>日本株市場の売買の7割を支配する海外投資家は例年、12月25日のクリスマスに合わせ休暇に入る向きが多く、この時期の売買代金は前後と比較して減少傾向だ。11月以降の「トランプラリー」で相場が盛り上がったことしも同じ道をたどるが、休暇明け後の海外勢の動きについてはここ数年と異なるシナリオが市場関係者の間で期待されている。

昨年は前週より26%減ったらしいですね。年末にバタバタ取引してもしゃーないですし休みに入ってる人も多いでしょう。

昨年と言えば昨年12月はチャイナショックからのリバウンドで好調でしたが、年明けの今年1月は地獄のような相場つきでしたw

2月はマイナス金利ショックでさらに悲惨でしたね。

来年は良い年になるといいですね。

今週は有馬記念の予想でもしようかな。馬券は買いませんけど。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ