関連コンテンツ

落ちた穴は深いです。負けた時の事も考えておきましょう。

いささか説教臭い話ですが、資産運用には負けた時の話が欠かせません。何度か同じような記事も書いていますが、自戒の為にもまた記事にしておきます。

株式投資は人間心理に従って取引をしていると、ごく自然に負けるように出来ています。

参考記事:株式投資で勝てないのは人間心理のせい

初心者の内はもちろん、中級者以上になってもある程度の負けは仕方無いと覚悟する必要があります。予想はハズれるのが当然だし、どれだけ熟練しても人間である以上ミスも出ます。

そこで重要になってくるのが、負けた時のリカバリーの手段と心構えです。

復活困難

株で資金を半分にするのは簡単ですが、2倍にするのは難しいです。まして資金の9割を失うような人が、そこから資金を10倍にするような運用が出来るでしょうか?ほとんど不可能に近いと考えます。仮に達成できたとしても、やっと資金が原点復帰しただけの話です。

このように、多くの人が穴に落ちてから初めて穴の深さに気がつきます。投資歴の長い人なら誰でも経験がある事でしょう。

では対策として、なるべく大きなドローダウンを食らう事を避けて、大きなリスクを取らずにコツコツ増やしていくべきでしょうか?

それも一つの道です。ただし、コツコツドカンと高い確率で少なく勝って低い確率で大きく負ける賭け方が一番筋が悪いと言われます。このやり方のまずい所は、一度大きく負けたらもう復活する見込みがほとんど無い事です。

大きく勝つ可能性がある投資法を実践してこなかった人の場合、考えつくリカバリーの方法は賭け金を増額する事だけです。「当たったらやめる、もうこんな事はしない」と言い訳して賭け金を倍以上にします。それでもし幸運にも成功したとしても、また同じ事をやる可能性は高いです。悪い癖がつくという意味では成功しない方が良いかもしれません。

この悪循環を避ける為には、やはり初めから大きく負けない事が肝要です。十分な知識と経験を積むまで、具体的には強気相場と弱気相場の相場の一サイクルを経験するまでは賭け金を安易に増額しない事です。負けても追加資金の目途がたち、理論と経験を積むことが出来ればいつかは必ず復活できます。

普通の人はおカネを失う事に罪悪感を感じますが、経験を積んだ投資家はマイナス自体は気にしません。減ったものはまた増えるからです。気にするのは金額ではなくマイナスのパーセンテージです。

這い上がれないような深い穴に落ちる事を一番警戒しています。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント