宝くじで1等が当たる確率を1000万分の一とします。

一枚300円のクジを十枚買えば確率は単純に100万分の一になります。

ただ統計学的には30万分の一以下の確率は「ゼロとみなす」とされています。

もちろんゼロと見なすだけで実際はゼロでは無いのですが、少なくとも宝くじの買い方で確率をうんぬんするならば、統計学的には最低でも30万分の一以上の確率ぐらいまでは引き上げたい所です。

宝くじを100枚、3万円分買えば単純計算で確率は10万分の一になります。この辺でやっと統計学的には確率の話ができるでしょう。宝くじを少額しか買わない人は確率の話をする資格すらないのです。悲しい事に。

ただし、1000万分の一でも100万分の一でも10万分の一でも、実際は一人の人間が買う宝くじがこの確率に収束する事はありません。

ものすごくおおざっぱに言って実際の出現確率がだいたい理論値に近くなる傾向を示すには確率の分母の100倍から400倍の試行回数が必要だと言われています。

年末ジャンボ宝くじだけを毎年100枚買い続けるなら、だいたい1000万年から4000万年買い続ければ本来の確率に近くなる傾向が出てくるでしょう。このぐらい買い続ければ確率をうんぬんできます。

つまり宝くじを1枚買おうが10枚買おうが100枚買おうが、現実的には確率を語る意味は無いのです。操作の余地なく絶対に限りなく近い確率でハズレる、ぐらいの言い方しかできません。ギャンブルで確率の話が出来るのはせいぜいサイコロ賭博とかおおまけにまけてパチンコぐらいまでです。

パチンコですら確率の分母が大きすぎてオカルト論がまかり通ってるぐらいです。宝くじともなると分母が大きすぎて、人間の日常感覚を遥かに超えているのでおかしな事を言い出す人も出て来ます。


しかし数学的な確率を言えば確かに宝くじを1枚買うのと10枚買うのでは当選確率が10倍違います。だから実際には10枚買う人が多い訳ですが、これが確率論の錯覚を利用した宝くじの販売戦略です。買わなけば当たらないとか、10倍買えば当選確率が10倍になるというのは数学的には正しいのですがそれは意味の無い正しさです。金融商品のセールストークでよく使われる手法です。

買う枚数を増やす事によって宝くじの数学的な当選確率を引き上げる事は可能ですが、現実的には確率が収束する程の試行回数を得る事が不可能な以上は、確率論に頼る事自体が既に矛盾しています。

宝くじを当てるには確率を超越した奇跡を願うしかなく、奇跡を願うなら確率論に頼って買う枚数を増やしては駄目なのです。1枚にしなさい。

不思議な結論に思えるかもしれませんが、宝くじを確率論で当てようとするのがそもそも不思議な行動なのでこうなるのです。

例えば銀行預金の金利が0.001%から0.01%になっても殆ど一緒じゃないか、あほらしいと考える人が大半(これを有意な差だと思えるほど預金額のある人は少ない)ですが、これが宝くじになると10枚買って当選確率0.00001%を0.0001%にして、「10倍になった!」と考える人が殆どなのです。人間の感覚の不思議な所です。

どうしても宝くじを買いたい人は1枚だけにする事です。これがサイフにも優しい結論です。2枚とか10枚とか100枚とか1000枚とか、「中途半端な」枚数を買うのは胴元の思うツボです。また買い続ける事によって確率を収束させる事は現実に不可能ですから、買い続ける事自体に意味はありません。

宝くじを1万枚買う人がいたらバカにされると思いますが、中途半端な枚数を買う人がバカにされないのは不思議です。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ