>NHK改革で受信料に関する制度が変わりそうだ。NHKは12月の総務省の有識者会議で、受信契約を結んでいない世帯にテレビの設置状況を申告させる案を示し、事実上、法改正の検討を求めた。一方、インターネットで番組を常時同時配信することになれば、テレビの受信契約を結んでいない世帯からも料金を徴収したい考えだ。


「申告制」「法改正」が強いキーワードですね。インターネットうんぬんは単なる口実で、全ての世帯から「テレビの設置やNHKの視聴の有無に関係なく」受信料を「強制徴収」したいのでしょう。なぜなら、


>改革案では、契約していない世帯にダイレクトメールを送り、本当にテレビがない場合は申告してもらう。虚偽の場合は罰則を科す一方、申告がない世帯は「テレビがある」とみなす。


となってるからです。申告がない世帯は「テレビがある」とみなす、とあるのは、

「実際にテレビがあるかNHKを見ているかどうかそんな事はどうでもいい、とにかく受信料を払え」

というNHKの以前からの本音と願望を文章化したものです。盗人猛々しいとはこの事ですね。


それにしても凄い文章ですね。永久保存して後世の人にこの異常さを判定して欲しいです。何故かあまり大きなニュースになっていませんが、NHKの異常な体質がよくあらわれているのでもっと騒ぐべきだと思いますよ。

NHKは日本人の善意につけこんでいて、心底国民を馬鹿にしてます。今まで善良な日本人の稀有な善意だけで成り立って来た制度なのに、本気で怒り出しますよ。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ