関連コンテンツ

来年はIPO(新規上場株)件数に注目。IPO投資は来年も成り立つか。

12月27日は年内受渡最終売買日だったので、税制的には2016年の株式市場は実質的に昨日で終わりです。今日からは実質的な来年の相場になります。

そこで鬼が笑う来年2017年の株式市場についてですが、来年はIPO(新規上場株)件数に注目してみたいと思います。

過去の関連記事:IPO(新規公開株)の上場件数を調べる事で相場が読める!?


IPO件数


各年のIPO件数と大納会の日経平均株価をグラフにしたものです。

2016年のIPO件数は84社だったので、昨年より増えました。大納会の株価も高値を更新するかもしれません。

来年2017年のIPO件数がもし急減するようだと、IPO件数だけを見ると2005年にちょっと似ることになります。2005~2006年も株価自体は高値を保っていたので、その後の急落を考えると株価よりもIPO件数に注目した方が良いかもしれません。

そこで、来年2017年のIPO件数が急減するようだと、その翌年2018年以降の下落に注意。

2017年のIPO件数がまた今年2016年を上回るようだと、その翌年以降も強気相場の継続に期待が持てる、という事でどうでしょうか。

IPO件数だけに注目した単純な予想なので、大ハズレの可能性もあるし偶然当たったと言えるようになるかもしれませんね。

グラフを見るとわかりますが、2008~2010年あたりはIPO件数が少なすぎてIPO投資が投資法として成り立っていません。IPO投資法というのは強気相場の時だけの限定的な投資法なのです。だったら普通に投資した方が儲かる気がしますけどね。

株式市場の資金需要と資金供給、需給を読んでいるのは投資家だけではなく会社を上場させる経営者もそうです。IPO件数の推移は経営者達の思惑もあらわしてします。自分が経営者の立場に立ってみれば、今年2016年は株価が高値圏で乱高下したので、自分の会社を上場させるにはかなりきわどいタイミングだったような気がします。さて来年2017年はどうなるでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント