官公庁の御用始め、金融機関の仕事始め、証券取引所の大発会は1月4日ですね。本日から2017年のお仕事が始まります。サラリーマンの方はさぞ憂鬱な事でしょう(大きなお世話)。

私も2017年から自営業としての仕事(主にこのブログを書くこと)を始めるので、今日からお仕事を始めます。取り敢えずお役所関係の手続きからですね。

そういえば今日から「国税クレジットカードお支払サイト」が稼働しています。2017年の新制度として、国税のクレジットカード払いが可能になったのです。

過去の関連記事:【歓喜】ついに国税(所得税等)がクレジットカード納付可能に【ポイント乞食】

公式サイトがこちら↓

国税クレジットカードお支払サイト

国税のクレジットカード払いのメリットとしてはクレジットカードのポイントがつくという事がありますが、やはり気になるのは決済手数料ですね。手数料がポイント還元率を超えるようだと、クレカ払いの利便性はともかく金銭的なメリットは薄くなります。


kokuzei1.png


納付税額額が一万円区切りで決済手数料が82円(税込)ずつ増えていく計算なので、納付税額が少ないと手数料率の計算がややこしいですね。


kokuzei2.png


親切な事に公式サイトに計算機があるので、これで計算してクレカのポイント還元がいくらあるか比較して、検討すれば良いでしょう。


納付税額が少額の場合は、電子マネーのnanacoにクレジットカードからチャージして払う技(ポイントがつくカードは限られる)の方が依然としてお得ですので、それ以外の人が利用を検討すれば良いでしょう。

国税をクレジットカード払いするメリットとして、ポイント獲得以外で考えつくのは、


1 24時間オンラインで対応しているので金融機関やコンビニ、役所に出向く手間が省ける。事務負担の軽減。

2 クレジットカードの使用実績が作れるので信用審査で有利になる。年間何万円以上決済で年会費無料、といったカードの条件クリアにも使える。

3 同様に使用実績が増えればカードによってはステージが上がって優遇されたりする事がある。

4 税金の分割払いやリボ払いも可能になる(もちろん金利負担は増える)


全体的にあまり一般人向けの明確な金銭的メリットというものは無いかもしれません。カードでオンラインで一括払いすれば面倒が無いのでそれが最大のメリットですね。

ただ、ここからはクレジットカードマニア向けのディープな話になりますが、おそらく条件によってはどこかに凄くお得になるポイントが隠されていると思いますね。黄金の羽根的な。金額が1000万円以下という制限が付けられているのは、たぶんその辺りを警戒しているんでしょうw

1億円とか納税する人がカード払いでそのような抜け道を突いてきたら、カード会社が多額の利益を抜かれてしまいますから。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ