関連コンテンツ

土曜ドラマ24「銀と金」開始 ギラギラしてた頃の福本作品

「銀と金」池松壮亮主演でドラマ化!福本伸行「またひとつ、僥倖が」

福本伸行コメント

「銀と金」は、麻雀漫画以外で、僕が初めて評価を得た漫画です。僕の漫画の中で、「銀と金が、一番好きだ」と言うファンの方によく会います。僕自身が、世の中に認められよう…と、ギラギラしていて…、その熱が籠められた作品だからかもしれません。今回、森田鉄雄役を池松壮亮さん。(映画『紙の月』観てました!)また、平井銀二役を、とあるいぶし銀俳優!(僕が是非に…と、推薦しました!)この素晴らしい2人のタッグで、テレビドラマ化!僕の人生に、またひとつ、僥倖が舞い降りました。ありがとうございます!!



そうなんですよ、「銀と金」を描いたこの頃の福本先生はギラギラしていました。先生は1958年12月生まれだからバブルの最盛期や崩壊の頃は30代前半の年頃。


konomatipng.png



タネ銭持たなきゃ話にならねえじゃねえか……とか、



motonokane.png


元の金だよ……元の金……!




「5千万円は人生を買える金」とか、

「この世の全てが売られている」(株式の約束事の事)とか、


「ああ……それにしても金が欲しいっ……!!」という若き日の福本先生のギラギラした感じが伝わってきます。


このぐらいの若さというか怨念じみた情熱が無いと、まとまったタネ銭は出来ないんでしょうね。「銀と金」の時代はまだバブルの熱の残りがあったようですが、「失われた10年」が「失われた20年」に延長されて現代に至り気が付いたら醒めた人ばかりになったようです。

とにかくタネ銭ですよタネ銭。自由を得たいならカッコつけてる場合じゃないです。まとまったおカネを作らないと……と久しぶりに「銀と金」を読み返してみて熱くなってしまいました。

銀と金 第01話




基本クズ人間の「カイジ」と違って、「森田鉄雄」は筋の通った男です。ドラマ化にあたってちょっとカイジみたいな演出が増えてるのが気になりますが、まあ知名度から言ってもカイジ寄りになるのは仕方が無いんでしょうね。今の福本先生が続きを描いてもカイジっぽくなりそうだし。

銀と金 文庫全8巻 完結セット (双葉文庫―名作シリーズ)




[まとめ買い] 銀と金





関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活


コメント

No title
第一話見逃してしまいましたが、ネットで見ます。面白そうです。
Re: No title
> 第一話見逃してしまいましたが、ネットで見ます。面白そうです。

深夜ドラマですから見逃しますよね
No title
中条きよし主演のVシネマが観たくなりましたw
テレビでやってたのを1回だけみたのですが
中条きよしがギラギラしてましたw
Re: No title
> 中条きよし主演のVシネマが観たくなりましたw
> テレビでやってたのを1回だけみたのですが
> 中条きよしがギラギラしてましたw

私は見た事ないのですがなかなか出来は良かったみたいですね。DVDは入手困難みたいなので、多分もう見る機会は無いかも。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント