相互リンク先の小黒とらのパーソナルファイナンスと悠々自適な生き方さんの最新記事、

「毎月分配」でも「毎月解約」でも、どっちでもいいと思うのです

について、私も毎月分配型投信を批判するインデックス投資家と、これに反発する毎月分配型ファンの不毛な対立に常々言いたい事があったので、見解をまとめておこうと思います。

元記事のテーマは、「毎月分配」より「毎月解約」の方がいいか、です。検証の結論としては、「どちらも同じ」となってます。理論的には間違っていないように思えます。

なので、「理論的にはどちらも同じ」という前提で話を進めます。

「高齢者を中心にお金を運用しながら取り崩して生活費に充てるニーズがある」として、「毎月分配」でも「毎月解約」でも「理論的にはどちらも同じ」です。

では、理論的に同じなら、実際にどちらでも良いか、と言われれば、私は毎月分配型投信はあり得ないと思います。

理由はただ一点で、「お金を運用しながら取り崩して生活費に充てる」という目的で設立された毎月分配型投信というのは、おそらく存在しないからです。私が知らないだけかもしれないので、もし知ってる方が居たら教えて下さい。

だから理論的には比較できるけど、実際にはこの2つは比較できません。そもそも毎月分配型投信の設立目的のひとつに高い手数料をボッタクれるからというものがあるので、コストの面でも運用目的面でも比較は出来ないのです。


毎月分配型投信の愛好家はとにかく理論的な話が苦手な人が多いので、実際は金融業界の悪徳をのさばらせるだけの存在になってます。客が賢くならないといつまでたっても金融業界は正常化されません。

正常化しないと何が悪いのか?というと、理由は実利的な面と大義名分的な面で2つあります。

金融業界のボッタクリが無くなると、安い手数料で投資が出来るという実利的な面。

次に、金融業界のボッタクリが無くなり健全化する事によって個人の投資マネーが流れ込み、日本経済が活性化するという大義名分です。

今の金融業界のやってる事は個人からボッタクる事で個人の投資マネーを遠のかせ、預金に滞留させ、日本経済を衰弱させています。だから、「株には手を出すな」と学校で教えたり家訓に遺したりするのです。結果的にそれが正しかったりします。ボッタクられないで済むから。

ボッタクリ毎月分配型投信愛好家の方は、知ってか知らずしてか、そういう流れに加担しているのです。反省して下さい。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ