関連コンテンツ

元の金だよ元の金……!配当金生活の原資をどうやって作るか。

配当金で生活する早期リタイア事例としては、次の2タイプがあると思います。

1 積極的な投資運用で大きな収益を上げて、徐々に配当金を中心とした手堅い運用に移行する
2 事業収入や給与収入が非常に大きく、手堅い運用を続け配当金が積み上がる

つまり配当金生活の原資をどうやって作るか、というタイプの違いです。資産のサイズが大きくなり配当金だけで生活できる、と判断した時点で早期リタイアに踏み切る訳です。

1にせよ2にせよ、上手くいってるならそのまま積極的な運用を続けるなり、仕事を続けるなりすれば良い、と考えるのが一般的でしょうが、早期リタイア的にはどこかで区切りを付けたいものです。いつまでも上手くいくとは限らないし、何よりも人生の残り時間には限りがあります。

早期リタイア後の資産運用としては配当金生活は税制面社会保障面でも有利ですし、相場の上下動に翻弄され肉体的精神的な負担が大きい積極的な資産運用より向いています。だから積極的な運用をする人でも殆どの人は最終的には配当金生活に移行したいと思うのが人情でしょう。

関連記事:配当金生活の優位性、というかズルさ

しかし、1のタイプの場合は積極的な運用が裏目に出て失敗する人が大半でしょうし、2の場合は事業で大成功する人も給与収入が非常に大きい人も少数です。

配当金生活が理想としても、結局その原資を手に入れる方法は誰しもアタマを悩ます所です。特に早期リタイアを前提とするとずいぶん条件が厳しいです。

収入を増やして支出を減らすという一般的な貯蓄術
収入を増やす為に仕事や投資に打ち込む
支出を減らす為のライフスタイルを確立する

一般人より遥かにスパルタンなレベルでこれらを実行しなければなりません。

「早期リタイア」と「配当金生活」を同時に実現しようと思ったら、これは茨の道です。

収入を増やす為に事業を興したり給料を上げたりするのが絶望的だという人も多いでしょう。そうすると、残りは投資で大きな収益を上げるしか無くなってきます。



だんだん話が怪しくなってきましたw

難易度が高く、茨の道である事を十分承知の上なら、その為の方法論は実はそれほど多くある訳でもありません。同じ事を考えた先人たちが、大損をぶっこき屍の山を築き上げながら確立してきた道筋はあります。

道筋とはつまり集中投資なのですが、分散投資による配当金生活を目指す為に集中投資をしなければならない、というのは大きな矛盾です。この矛盾を解決する為に、やはり多くの先人たちが悪戦苦闘してきました。

集中投資はダメとか投資は余裕資金で、というのは大正論なのですが、「元の金」が乏しい者にとってこの言葉はつらいです。正論を理解した上で、少ない資金を増やす為の術、持たざる者のキバを磨く事は必要でしょう。

少ない資金を増やす方法論は確立されています。これは必勝法という怪しい話では無くて、上手くいく可能性の高いやり方は複数あり、どれを選んでも運がもの凄く良ければ成功するであろう、というものです。

結論としては、必勝法を追い求めず、運が良ければ資金が爆発的に増える可能性がある手法を研究しろ、というものです。運を強調するのは、必勝法の否定と、逆説的ですが地味な努力の肯定の為です。

投資法は人それぞれ、という分かったような分からないような曖昧な話ではなく、この場合は目的がはっきりしているのでやる事も決まってきます。

地味な努力は報われない事が多いのですが、運が向けば大きく報われる可能性があるのは、報われないかもしれない地味な努力をした人のみです。

そういった方法論を今後少しづつでも紹介していきたいと思います。

過去記事:配当金生活の元手をどうやって作るか?

基本的な考え方は上記のリンクをたどって下さい。過去の記事なので多少重複する箇所はあります。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

聖杯は、ない。
>必勝法の否定と、逆説的ですが地味な努力の肯定

いつも興味深くブログ拝見させてもらってますが、とても上手い表現だと思います。
Re: 聖杯は、ない。
> >必勝法の否定と、逆説的ですが地味な努力の肯定
>
> いつも興味深くブログ拝見させてもらってますが、とても上手い表現だと思います。

ありがとうございます。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント