リタイア後の資産残高推移について、年々減少していく資産取り崩し型、配当金や年金、節約などで収支が釣り合う資産均衡型、減るどころか資産運用によって増えていく専業投資家型の3タイプがあると思う。

問題になるのは年齢で、早期リタイアの場合は早々に資産を取り崩して生活していると将来路頭に迷う可能性が出てくる。老齢の場合は資産均衡型や専業投資家型でも徐々に取り崩し型に移行していけばよい。

人のことはともかく、私の場合は資産均衡型になる予定だが、リタイア年齢が低いため結構ギリギリのバランスだ。
浪費するか、運用成績が悪化(極端に配当金が減るなど)するとこのバランスが崩れて結果として資産取り崩し型になってしまうかもしれない。

極端な話一億円あれば年に200万円使うとしても50年もつ。
そう考えると本来は株で運用などしなくてもいいのだが、インフレを考慮しないといけないし、なによりまだそこまで悟れない。
今までは定期収入があり資産は増える一方だったので、確実に資産が減っていく取り崩し型のストレスに耐性がない。
投資経験があると種銭の有るありがたさは身にしみてくるし、それが減っていくというのは恐怖なのだ。

結局私は専業投資家型を目指しているのかもしれない。
ただそこまで運用に絶対的な自信はないので、可能な限り分散投資で資産の振れ幅を小さくしていくぐらいだ。
その結果、資産均衡型に落ち着けばいいかという程度。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活