関連コンテンツ

配当金生活の資産クラス配分について

アセットクラス/資産クラス

アセットクラスは、「資産クラス」とも呼ばれ、同じようなリターン(値動き)やリスク特性を持つ投資対象となる資産グループ(資産の種類・分類)のことをいいます。これには、伝統的資産である短期金融商品(現預金)や国内債券、外国債券、国内株式、外国株式など以外に、昨今では、コモディティ(商品)やREIT(不動産投資信託)、ヘッジファンド、プライベートエクイティなどのオルタナティブ資産と呼ばれるものも注目されています。

アセットクラスとは|金融経済用語集 - iFinance


資産クラス配分については、私の考えは単純です。

理想は日本株100%です。

まず前提として、投資期間は自分が死ぬまで(相続者が居たら死んでも)の予定なので、投資期間は長く取れます。よって債券より期待リターンの高い株式が優先クラスになります。

そして、日本国内に住んで日本円で生活するので、円で配当が出る日本株が当然投資対象になります。

また私は外国人の知り合いも居ませんし、英語の資料もロクに読めないし、アメリカに住んだ事もないのでアメリカ株の良し悪しなどさっぱり分かりません。分からない事はしない方が良いので、外国の個別株の投資も当然しません。

優先順位は債券より株、海外より国内です。

国際分散投資という考えは無く、自分の投資目的に合った、自分がよく理解できる得意な分野に投資するのみです。

大抵の日本人にとっては日本株が一番分かり易いはずです。日本円、日本語で取引できるし、なんと日本語の詳細な資料が手に入ります。素晴らしい事に為替リスクもなく、日本円の配当まで出ます。

関連記事:投資の素人がプロに勝てるか?

あくまで私個人の事情と考えなので、そこはご理解された上で参考にしたり反面教師にしたりして下さい。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント