めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50―――退職金も老後のお金も積み立てもこれが重要! (毎月分配型・インデックス型・通貨選択型にも、ラップ口座・NISA・確定拠出年金にも危険あり!)



これ結構良い本でした。ただし、取り扱い注意です。

「投資信託のワナ」って(この本によれば)50もあるんですよ。まったくの初心者が投資信託を選ぶ時、このワナにハマらずに済ます事は殆ど不可能です。

これはどこにワナが埋まっているかを全部解説してくれる本です。いやあ便利ですね。全部読みましたけど、理論的に明らかにおかしい所は無いし、問題点の指摘漏れも無いように思えます。


ここからは注意点です。

「投信の窓口」というのは高木証券が展開している「投資信託の専門店」です。

これは画期的な取り組みだと思います。銀行や証券会社の窓口で売る投資信託は、品揃えが限られている中でさらに一番重点的に売りたいものをすすめてきます。金融機関と客の利益相反が起こりやすいというか、起こらない方がおかしいシステムです。

「投信の窓口」は投資信託販売専門店と名乗るだけあって、数千ある投資信託を横断的に比較検討して目的にあった投資信託を選んでくれます。しかも相談は無料です。

この場合、高木証券の収益源は何かというのが気になりますが、それはやはり「投信の窓口」経由の販売手数料のようです。販売手数料がかかる投信と言えばアクティブ型投信です。

その為か、この本も投資信託の啓発本にありがちなインデックス型投信一辺倒の構成では無くなっています。

それどころか、「コストは重要だが成績の要因の1つでしかない!低コストで人気のインデックス型投信のワナと真実」という独立した章まで設けてあります。インデックス投資家が目をむきそうです。

つまり「投信の窓口」に相談するとアクティブ型投信を提案されるので、この本自体が「投信の窓口」に誘導するひとつのワナと言えばそうも言えます。もちろんインデックスより成績の良いアクティブ型投信は結構あるので、あとは投信分析ツールである「ファンド・ラボ」の精度次第ですね。

ひとつ思ったのは、完全にノーロードのインデックス型投資信託だけでポートフォリオを組んでくれ、と依頼したらやってくれるのかな?という事です。その場合高木証券の利益が直接的には出ない事になりますが、「投信の窓口」の趣旨から言えばやってくれてもおかしくはありません。


全体としては良い本だと思います。投資信託を選ぶ時の注意点を網羅的に確認したい、という人にはおすすめします。ただしアクティブ型投信についてだけは甘めの論調になってますのでそこは注意です。初心者に薦められる投資信託の本を探していたんですが、ちょっとまったくの初心者にすすめるには問題があるようです。

かといって投資信託の啓発本って、ほとんどが投資信託の本じゃなくてインデックス投資の本なんですよね。それでなければ直販系投資信託の販促本。投資信託の本で思想的に中立なおすすめ本って難しいなと思いました。投資信託の販売を取り巻く状況はワナだらけで、安心しておすすめできる本が欲しい所です。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ