リスクフリーレート

リスクフリーレートは、「無リスク金利」とも呼ばれ、理論的にリスクがゼロか、極小の無リスク資産(リスクフリー商品)から得ることのできる利回りをいいます。これは、元利金の支払いが保証された預貯金やインターバンクの短期金融商品、国債などの金融商品の利回りのことをいい、通常、マーケットでは「インターバンクレート(コールレート、LIBOR等)」や「国債」の利回りなどを指すことが多いです。

リスクフリーレート|金融経済用語集 - iFinance


マイナス金利下の現在の日本のリスクフリーレートはほぼゼロに張り付いています。だからもし、キャンペーン金利などで僅かでも金利の付く定期預金などがあれば客が殺到します。

客が殺到するのは無リスク金利がゼロの状態で、キャンペーンなどで僅かでも金利が付けばその差(スプレッド)は丸々ノーリスクで客の儲けになるからです。これは誰でも直感的に分かるし一番簡単で、計算不要でしょう。

しかし20年以上続くデフレと低金利化で、金利が限りなくゼロに近づいてしまった為にこの無リスク金利の考え方を忘れてしまった、もしくは最初から考えられない人が増えているような気がします。

顕著なのが外国通貨建ての投資商品です。

ブラジルレアルなどの高金利通貨で、例えばリスクフリーレートが10%だとします。日本人の感覚で10%と言えば高金利に感じますが、ブラジル人の気持ちになってみれば当たり前の金利だとします。

この状態で、現地通貨建てで11%の利回りのREITの投資信託があったとして、ブラジル人の気持ちになって考えて見ると良いでしょう。11%の利回りから10%のリスクフリーレートを引いて、REIT部分の正味の利回りは1%です。

利回り1%のREITって普通は買いません。つまりリスクにリターンが見合っていません。

株や債券、不動産のリターンが大体どれくらいか頭に入れておいて、その国のリスクフリーレートと比較すればその投資の妥当性が分かるでしょう。日本はリスクフリーレートがゼロなので計算が楽ですが、その為国際的な感覚が分かりにくくなっているかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ