解き放たれたオバマさんといった感じ。

任期中は警備上の問題でマリンスポーツも満足に楽しめなかったそうです。そういえばハワイ出身の大統領でした。



これからは何をするのか、という事ではとりあえず回顧録を書く。夫人が書くファーストレディ回顧録とあわせてバカ売れ間違い無しらしいです。

>「トランプに関するニュースを読むのに比べれば、オバマの本を読むのはすっと気持ちが安らぐ体験になるのは確実です。少なくとも私はそう考えています」とエスターは言う。



まだ55歳のオバマ氏ですが、形としては連邦政府の定年退職者になるらしいです。シークレットサービスの身辺保護が終生付く。

各種手当の制度は廃止の可能性もあるようですが、年金と回顧録などの印税、またオバマ氏はスピーチが抜群に上手いので講演などの収入が途切れる事も無いでしょう。

映画出演もある?

関連記事:オバマ大統領「セミリタイアの憂鬱」 大統領でなくなったら何をすれば……

それにしても、良い笑顔ですね。早期リタイアした人はこれくらいの笑顔は出来ると思いますが……大統領職からの解放感は凄いでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活