関連コンテンツ

NTT(9432)が30年かけて配当込みでプラス転換www

NTTが上場30年 株価、配当込みでプラス転換(日経新聞)

NTTは9日、上場から満30年を迎えた。株価は今なお、上場した年に付けた高値に遠く及ばない。だが、受取配当額を加味したベースでは、上場時に同社株を買った投資家がようやく報われる水準に達している。

(中略)

30年の時を経て、株主の痛みは癒えつつある。9日の終値は前日比1%高の4863円。2回の株式分割の実施前に引き直すと97万2600円だ。過去30年間の配当金を再投資せず手元に積み重ねると約27万円で、合計では上場時の売り出し価格を5万円弱(4%相当)上回る。


NTT_convert_20170210194418.png

原点復帰が絶望的な30年チャートですが、それでも配当を再投資せずとも30年でプラス4パーセントですか……痛みに耐えて、よく頑張ったというべきでしょうか?

日本電信電話(9432)は元々は高配当株では無く、今で言うハイテク株のようなものだったらしいです。

それが高配当株になったのは、株価が下がり続けたのと、グループの中核になったNTTドコモ(9437)が上場して安定して配当金が入って来るようになったのが大きいです。子のドコモの時価総額は親のNTTより大きいのです。

NTTドコモ(9437)の株の6割は親会社の日本電信電話(9432)が保有しています。NTTの配当の原資はドコモの配当に頼る部分が大きいです。

NTTの大株主は今だに政府(財務大臣)ですし、NTTドコモ(9437)には安定配当を続ける理由があるので、株価が下がった頃合いを狙ってドコモ株を買うのは良い考えです。

なぜ下がった頃かというと、子会社は(建前はともかく)親会社の為に上場している性格が強く、大抵は市場平均よりパフォーマンスは悪いのです。配当に期待して株価には期待しない事です。NTTドコモ(9437)の歴史がそれを証明しています。

過去の関連記事:かつてのキングオブクソ株のNTTドコモ(9437)が10年来の高値を連日更新しています

しかし郵政株で懲りた人も多いと思いますが、政府保有株の売り出しは大抵コケます。通常のIPOは成長の為の資金を調達するのが目的ですが、政府保有株の売り出しはそうではないからです。過去の例外は日本たばこ産業(2914)とJR各社ぐらいでしょうか。どちらもバブル崩壊後で株価が低かった時期の上場なので、タイミング的なものもありますね。

過去の関連記事:郵政3社の新規上場は正直迷惑。買う人は相場の肥やし。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント