関連コンテンツ

早期リタイア後、3回目の確定申告に行ってきました

白色申告も3回目ですので、もはや慣れたものです。

初日の2月16日とあって税務署は混雑していましたが、自宅で書類は準備して来たので、そのまま窓口で提出して控えに受付印をもらって終わりです。

税務署は混んでいても提出窓口自体はガラガラなので、5分もかからずにサクサク終わりました。来年はe-Taxを導入して、さらにサクサク終わらせようと思います。

今年からマイナンバーを記入するようになっているので、窓口での提出の際の本人確認にマイナンバーカードか、身分証明書とマンナンバー通知書のセットが必要です。これは忘れないようにしましょう。


早期リタイア後の1回目の確定申告の時は、年末調整できてない払い過ぎた税金が還ってきて得をした気分(別に得をした訳でもなんでもないのですが、気分として)がしたりするのは早期リタイアというか退職あるあるでしょうか。

そして国民年金を自分で払う身分になって負担感に喘いだり、前年の所得にかかる国民健康保険の額の大きさに頭を抱えたりするのも、これもまた初年度のあるあるでしょう。

2年目からは段階的に負担が減ってきますし、3年目ともなると負担は最低限で、税金や社会保障費のあれこれにも慣れてきて、我ながら今回の確定申告は完璧ではないでしょうか。

2月16日の初日に確定申告を済ませて、すっきり爽やかな気分です。


pant_convert_20170217115842.png


この勢いで今年からは早期リタイア者の自営業化の初年度として、青色申告の体制づくりに取り掛かっていきます。

配当金とアフィリエイトで数百万円の不労所得収入がありながら、税金と社会保障費は最低限というこの日本国の「黄金の羽根」を拾うには、青色申告の攻略がカギになってきます。どうせならゲーム感覚で楽しんで攻略していこうと思います。









お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ




ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)



関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

新展開楽しみにしてします
ジョジョ流で言うなら、白の時代編から「青の時代」編にシリーズが変わるようなイメージでしょうか?^_^
自営業化編も楽しみにしております。
Re: 新展開楽しみにしてします
> ジョジョ流で言うなら、白の時代編から「青の時代」編にシリーズが変わるようなイメージでしょうか?^_^
> 自営業化編も楽しみにしております。

まあおろしたての新品のパンツを履いた元旦の朝のような、とにかく新しい気分にはなります。
No title
今年の確定申告は、配当所得を総合課税で申告されてますか??
Re: No title
> 今年の確定申告は、配当所得を総合課税で申告されてますか??

2016年度の話ですよね?今年は申告分離課税にしました。
配当以外の所得が増えてきたので、損得の計算がたいへんだったのです。
配当以外の所得が無い人だったら、総合課税を選択するメリットがあるでしょう。
No title
平成28年分の確定申告は、配当を総合課税で申告したほうが有利ではないですか?
(年収が700万くらいまでは)

Re: No title
> 平成28年分の確定申告は、配当を総合課税で申告したほうが有利ではないですか?
> (年収が700万くらいまでは)

有利かどうかはその人の状況によるのでなんとも言えません。
国保や住民税に関わってきますし。
No title
実はですね、去年の12月の税制大綱の一つが、平成29年2月7日に国会提出されました。

上場株式等に係る配当所得等について、所得税と異なる課税方式を個人住民税で選択できることが明確になったんです。

所得税では総合課税で配当所得を申告して、源泉所得税を還付してもらい、
住民税では配当所得について申告不用制度を選択すれば、国保の金額には影響がないのに源泉所得税がかなり還付になるのでお得です。

まだ3月15日まで時間がありますので、その前に住民税の申告書で配当所得については申告不用制度を選択するという意思を表示して、そのあとに配当金を総合課税で申告する内容の所得税確定申告書を提出すれば、OKです。
所得税確定申告書は最後に期限内であれば、最後に提出したものが有効になります。

大和総研でも国会提出前ですが、記事がでてます。読んでみてください。
www.dir.co.jp/research/report/law.../20170125_011633.pdf

大阪市のホームページでは、2月16日に早速更新されてますね。
http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000384916.html

Re: No title
> 実はですね、去年の12月の税制大綱の一つが、平成29年2月7日に国会提出されました。
>
> 上場株式等に係る配当所得等について、所得税と異なる課税方式を個人住民税で選択できることが明確になったんです。
>
> 所得税では総合課税で配当所得を申告して、源泉所得税を還付してもらい、
> 住民税では配当所得について申告不用制度を選択すれば、国保の金額には影響がないのに源泉所得税がかなり還付になるのでお得です。
>
> まだ3月15日まで時間がありますので、その前に住民税の申告書で配当所得については申告不用制度を選択するという意思を表示して、そのあとに配当金を総合課税で申告する内容の所得税確定申告書を提出すれば、OKです。
> 所得税確定申告書は最後に期限内であれば、最後に提出したものが有効になります。
>
> 大和総研でも国会提出前ですが、記事がでてます。読んでみてください。
> www.dir.co.jp/research/report/law.../20170125_011633.pdf
>
> 大阪市のホームページでは、2月16日に早速更新されてますね。
> http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000384916.html

複雑ですね。大和総研の方は404エラーで見れなくなってますね。
検討してみますが平日はあと2日しかないし他に予定もあるので今年はもういいかなw
No title
ぐぐって見たら大和総研の正しいurlはこうでした。
http://www.dir.co.jp/research/report/law-research/tax/20170125_011633.pdf

この記事は分かりやすいですね。
情報提供のサカモトさん、ありがとうございます。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント