関連コンテンツ

高配当株投資法には企業分析が不可欠だがそう難しくはない

高配当株投資法、配当利回りを手掛かりに行う株式投資では企業分析が不可欠ですが、それほど難しいものではありません。

決算書を読みこなす能力も特に必要ではありません。四季報の用語の意味が理解できて、数字の読み方が分かっていればそれで十分です。

企業分析と聞いて敬遠してしまい、妙な判断基準に飛びついてはいけません。

・売上、利益が安定している
・配当性向が高すぎない
・財務が良い
・配当意欲がある
・過去に粉飾事件(!)を起こしていない

これらのごく普通の条件をサラッと調べて、妙な銘柄に手を出さないだけでも相当投資の成功率は上がります。

妙な銘柄というのは、これらの条件を一部しか満たさないとがった銘柄です。そして、そういう銘柄の方が得てして初心者の注目を集めてしまい、失敗するのです。

その戦犯のひとつは私は初心者向けの投資雑誌だと思っています。


ここで「プロおすすめの高配当株」として挙げられているのが、

リソー教育(4714)
KG情報(2408)
ウエストホールディングス(1407)

の3銘柄です。リソー教育(4714)とKG情報(2408)は無借金経営、ウエストHD(1407)は配当性向が33%以下というのが、その「おすすめ」の理由です。

ところが、今期のリソー教育(4714)とKG情報(2408)は配当性向がなんと100%、ウエストHD(1407)は有利子負債が多く財務が良いとはお世辞にも言えないんですよ。

無借金だけど配当性向が高すぎる銘柄と、配当性向は低いけど財務が悪い銘柄を同時におすすめしてどうすんだ!?とアタマを抱えてしまいます。おそろしく適当な記事です。コピペか?

それにリソー教育(4714)はホンの数年前に粉飾をしてますし、KG情報(2408)はジャスダックの超小型株、ウエストHD(1407)の利益も安定しているとは言えず、要するにこれらの銘柄は高配当ではあるものの、かなりトリッキーな銘柄です。

もちろん、これらの銘柄に投資するのが悪いと言っている訳ではありません。

しかし、配当利回りを根拠にするには、あまりにも根拠が適当で言ってみただけという感じです。こういったセオリーに反したトリッキーな銘柄に投資する時は、もっと深い分析が必要なはずです。難易度の高い投資です。

配当利回りを根拠に投資するなら、もっと足元を固めて総合的な、オーソドックスな銘柄選びをした方が良いですよ。奇をてらわなければ、そう難しい事では無いはずです。

ダイヤモンドZAI(ザイ) 2017年 04 月号 (「守りの高配当株&攻めの10万円株」「ふるさと納税定番特産品ランキング」)




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント